前回はSkype、LINE、commの音声遅延を測定しました。今回はこれらの音声品質を測定します。測定環境は前回の図1の通りです。

通話品質の指標であるR値を求める

 測定にはGLEAN Corporationの音声品質評価ソリューション「VoicePinger」と同製品の音声品質評価オプションおよびドイツOPTICOMの音声品質評価・解析ソフト「PEXQ」を使用、客観的に音声品質を評価するための最新手法であるPOLQA(ITU-T P.863)を用いて、通話品質の指標であるR値(ITU-T G.107 TTC JJ-201.01、関連記事)を求めます。

 測定時に使用するリファレンスの音声も以前の特集と同様、モノラルでサンプリング周波数8KHz、量子化ビット数16ビット、再生時間約8秒のWAVファイルを使用します。

 では早速、音声品質の測定結果を見てみましょう。各サービスの音声品質測定結果を表1に示します。数字の色分けは、青が相対的に良かったもの、赤は相対的に劣っていたものを示しています。

表1●無線LAN接続時の片方向遅延、音声品質測定結果のまとめ
[画像のクリックで拡大表示]

 前回の特集と比較して全てのサービスで音声品質の結果が向上しており、昼時間帯を除く全ての時間帯でR値が80を超えています。これは、IP電話の品質クラスのクラスAに分類されるので固定電話並の音声品質となります。

 しかし、各サービスいずれも昼時間帯のみR値が50点台と、他の時間帯と比べて音声品質が悪くなっています。このR値の違いはどこに原因があるのでしょうか? これからその要因を推測していきます。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら