写真1●サイアメント代表取締役社長、医師 瀬尾拡史 氏
(撮影:稲垣 純也)
[画像のクリックで拡大表示]

 澄み渡った水の中。螺旋状のリボンが優雅に舞い、宝石のようにきらめく物体がゆらゆらと漂う――。

 美しく幻想的な3次元CG映像のタイトルは“細胞の世界”。リボンに見えるのはDNA、宝石の正体はミトコンドリアだ。「正しく、楽しくサイエンスを伝えたい」という瀬尾拡史氏の思いが凝縮された作品の一つだ。

 瀬尾氏が3次元のCG制作に出会ったのは、中学校時代のパソコン部に在籍していたときだ。「数学と物理の固まりで苦戦した」が、真正面から取り組んで原理を理解した。

 ほどなくNHKのドキュメンタリー番組「驚異の小宇宙・人体」に魅せられ、生命科学分野のCG制作に興味を抱く。国内には、その道の専門家は見当たらなかった。「だったら自分がやろう」と心に決めた。

 「学術系のCGを作るなら、その分野の知識がないとダメ」。そう考えて、東京大学医学部に進学した。医師としての専門知識を身に付けるかたわら、専門学校に通ってCG制作の腕を磨いた。

 そして、サイエンスCGの制作を請け負うサイアメントを設立する。現在、社長として忙しい日々を送っている。

写真2●中学2年生のときに制作した初めてのCG。地面にできる影(シャドウ)と物体自身に落ちる影(シェイド)を施し、球体を表現した
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●細胞を表現したCG作品。正確さを保ちつつ、分かりやすく見栄え良く表現するために、形状や色、動きを細かく検討する
[画像のクリックで拡大表示]

 サイエンスCGは「楽しく」サイエンスを伝えることができる。CGで視覚的に分かりやすく表現することで、一般の人に科学技術の意義を無理なく伝え、興味を喚起できる。

 例えばiPS細胞のように、優れた日本の研究成果を広く世界にアピールするのに使える。課題として叫ばれて久しい、“子どもの理科離れ”に歯止めをかけられる可能性もある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら