写真●ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所の當仲寛哲代表取締役所長
[画像のクリックで拡大表示]

 UNIXのシェルスクリプトを使って、大量データを高速で処理する開発手法が流通業などで利用されている。この「ユニケージ開発手法」を提唱するユニバーサル・シェル・プログラミング研究所の當仲寛哲代表取締役所長は、自らプログラムを書く人物だが、もともとはスーパーのダイエー社員でコンピュータとは無縁、コマンドやシェルスクリプトなどはまったく知らなかった。

 情報システムの世界に入るきっかけは、衣料品の改革プロジェクトに呼ばれたことだった。当時のダイエーでは紳士服の販売が好調だったが、それが悪くなりかけた時期だった。店舗や商品部の聞き取り調査をしていく間に「それぞれの意見がバラバラ」なことに気づいた。

 人は自分が見たものや経験したものを基準に意見を言う。会社が大きくなればなるほど、分業になり経験範囲が限られるため、意見がバラバラになってしまう。根拠が違うから結論も違う。方向性を合わせていくのは大変だ。

 こう考えた當仲氏は次に“情報”という言葉に引っかかった。判断の根拠となる数字をとってもみても、人によって見方が違った。過去のデータから意見を言う人もいれば、直近の売り上げデータや在庫から意見を言う人もいる。

 情報については素人だったが、「情報の見通しが悪いのが原因だ」と感じたという。

 当時のダイエーはホストコンピュータからいったんデータを紙に出力すると、1カ月後には消してしまっていた。これでは前年度のデータを見たいと思ったとき、紙をひっくり返さないと出てこない。分析するには、手作業で集計したり、紙に打ち出したものを集計ソフトに打ち直したりしていた。

 「どんな商売の天才でも、情報を扱う作業に忙殺されて正しい判断ができない。ここにメスを入れて皆が同じ情報を手軽に見られるようにする。それが改革の第1歩だ」。

 當仲氏はこう考え、情報の改革に本腰を入れ始めた。そして当時、情報活用の先進事例として評判だった、医薬品の輸入販売会社「ファルマ」のシステムを見学し、驚かされた。ファルマから学んだ考え方を當仲氏は次のように語る。

 「大事なのは情報の自由度、出力の自由度。それらを実現するには過去のデータを全部ファイルに残しておく。そして、セレクトやソート、サムアップ、マッチング、項目演算といったツールを準備し、組み合わせていく。そのためにはファイルを整理しておくこと。ファイルの整理をきちんとしていれば、いつ何時こういう情報が欲しいと言われても対応できる」

 ファルマは以上の思想に基づき、三菱電機製オフコン上の簡易言語を使ってツールを用意していた。大量のファイルを順番に加工して出力するバッチ処理だったため、処理に時間が掛かったが、利用者は待っていた。本当に必要な情報が出てきたからだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら