前回は、マーケティングにテクノロジーを活用する必要性から、今後はCMOが関わるIT投資が増えることは間違いないことに触れた。

 また第2回で書いたように、CMOはマーケティングテクノロジストの側面が求められる。マーケティング施策で新たなテクノロジーを活用する時や、小さなPD(CA)∞サイクルを回すためにデータやテクノロジーを活用して振り返りをする時などである。

 CMOがシステム開発の素人だったとしても、それ故にIT業界の“常識”に流されることなく、純粋にマーケティングの観点から目的に沿ってテクノロジー活用を考えられる。

 これまで書いてきたように、今後はマーケティング全体で小さなPD(CA)∞サイクルを回すことが当たり前になってくる。すると必然的に、同じ流れがIT投資でも起きる。CMOはマーケティング部門で新たなテクノロジーを試してみて、結果が良ければ正式採用し、利用し続けることになる。

 実はIT業界には以前から、手段であるITを検証し、いけそうかどうかの当たりをつけようという考えがある。それは通称「PoC(ポック)」と呼ばれている。Proof of Conceptの略語だ。

 PoCは一般には「新たな概念やアイデアの実現可能性を示すため、簡単かつ不完全な実現化(または概要)を行うこと。あるいは、原理のデモンストレーションによって、ある概念や理論の実用化が可能であることを示すこと」と説明されている。

 端的に言うと「頭で考えたことが本当にできそうかどうか試してみよう。それでうまくいくかを確認しましょう」ということだ。

 これは素晴らしいアプローチだが、残念なことにIT業界のPoCは、システム的な証明をするだけにとどまることが多い。

 顧客データの活用を例に取れば、「実際に導入予定のハードやソフトで数百万件の顧客データが回りそうか」「どの程度のスピードで分析環境が動くか」などを証明することに主眼が置かれる。

 つまり、IT業界のPoCは「目的ではなく、手段の検証」から入ることが圧倒的に多い。IT業界はシステムを導入することが目的なので、自社の目的に向けてシステムの実現可能性を示すため、簡単かつ不完全な実現化を行うのは当然である。

 結果として、ビジネス的に効果が出るかどうかは、システムがカットオーバーし、実業務としてやってみてから、ということになる。

 本当にこれでいいのだろうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら