ベトナム中部最大の都市ダナンは港湾都市として発展し、中部経済の中心地だ。リゾート地としても有名で、北部の首都ハノイや南部の商業都市ホーチミンに比べると、どこかのんびりとした風情が漂う(写真1)。そんなダナンが今、IT産業の新たな集積地として注目を集めつつある。

 「ここ数年、ソフトウエアパークの建設などIT産業の振興に向けたインフラ整備に集中投資している」。ダナン市を管轄する同市人民委員会のフン・タン・ヴィエット副委員長は語る(写真2)。

写真1●ダナンの光景
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ダナン市人民委員会のフン・タン・ヴィエット副委員長
[画像のクリックで拡大表示]

人件費は中国の約半分

 ダナン市の最大の特徴は、IT人材の人件費が安いことだ。大卒技術者の初任給は3万~4万円。技術者単価はハノイやホーチミンに比べて20~30%低く、中国の約半分。現時点では人件費の上昇もあまりないという。

 離職率もハノイやホーチミンより低い。FPTソフトウェアのダナン拠点でソフトウェア第17事業本部の責任者を務めるレ・ビン・タイン氏は、「離職率は約8%程度にとどまるため、人材を特定のプロジェクトに固定的にアサインしやすい」と話す。FPTソフト全社での離職率は約12%。ベトナムのIT産業全体の離職率は20%に上るという。

 人材の流動性が低いため、社内に顧客業務のノウハウなどを蓄積しやすい。特定の顧客向けに技術者を固定的にアサインする「ラボ契約」も結びやすい。FPTソフトでは、「ダナン拠点で実施しているプロジェクトの8割がラボ契約だ」(タイン氏)と明かす。

 FPTソフトのダナン拠点は800人強の技術者を擁する。同社に続くのが、ダナン市に本社を構える「ユニテック」だ。約200人の技術者を抱え、大規模なシステム開発を受託している。

 これら2社のほかにも、40~50人規模のIT企業が数多く存在する。こうした規模の企業は、Webアプリの開発などを中心に請け負う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら