UXデザインとは、アプリケーションを利用するユーザーの体験をデザインにすることです。一方、UIデザインは、ユーザーの体験を豊にするためにアプリケーションの画面をデザインすることです。それぞれ必要とされるスキルが異なるため、ここではあえて分けてご紹介したいと思います。

 今回は、UXデザインについて紹介します。

図1●各領域の分布図
各領域により必要なスキルが異なる
[画像のクリックで拡大表示]

 “ユーザーの体験”をデザインするとは、抽象的な表現です。一例として、私の仕事を通して紹介します。

 まず、私は仕事を3つのステップに分けて考えています。

 STEP 1 ユーザーの仮説を立てる
 STEP 2 ユーザーを知るためにヒアリング
 STEP 3 他の部署と連携して改善策を実行

 それぞれ詳しく見ていきましょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら