「請負」は民法に規定されている13種類ある契約類型の一つである。仕事の請負人が依頼された仕事を完成することを約束し、注文者がその仕事の結果に対して報酬を支払う契約だ(民法第632条)。請負契約と準委任契約との大きな違いの一つが、「仕事を完成する」義務を負うかどうかだ。

 ビルなどの建設工事や荷物の運送が、請負の代表例だ。身近なところでは、洋服のクリーニングやオーダーメードも請負である。建設工事であれば「建物を完成させる」、洋服のクリーニングであれば「洋服をきれいにする」というように、請負人は引き受けた仕事を完成する義務を負う。

 一方、前回解説した通り、準委任契約の場合は、仕事を引き受けた人や会社はそれを完成させる義務を負わない。例えば、医師は患者の病気を完治させる義務を負わないし、塾の講師は生徒を合格させる義務を負わない。

請負人は瑕疵担保責任を負う

 請負人であるITベンダーが「瑕疵担保責任」を負うことも、準委任契約との違いだ。仕事の目的物に問題(民法では「瑕疵」という)があった場合、注文者は請負人に対して無償で瑕疵の修正(民法では「修補」という)を請求したり、修補を要求する代わりに損害賠償を請求したりできる。

 これらの請求ができるのは、原則は目的物の引き渡しから1年以内である(民法634条、637条)。また、瑕疵担保責任は民法上は「無過失責任」とされている。瑕疵が生じたことについて請負人に非がなくても、瑕疵を修正したり損害賠償を支払ったりする責任を負う。

 ここで注意したい点は、これら民法の規定は契約で変更することが認められていることだ。例えば、瑕疵担保責任の期間は民法上は1年以内とされているが、「納品から6カ月以内」と契約で定めていれば、それが瑕疵担保の期間となる。ITベンダーが作成した契約書を見ると、「検収から6カ月」といったように、民法が定めている期間より短くなっているケースが多いので注意が必要だ。

 例えば、瑕疵担保の期間が「検収から6カ月」という請負契約で、システムの外部設計を発注したとしよう。そして、この外部設計書に問題があることが、システムの稼働直後に判明したとする。このとき、外部設計後のアプリケーション開発やテストなどで6カ月以上を費やしていたら、ユーザー企業は瑕疵の修補や損害賠償を請求できないことになる。「検収から6カ月」という瑕疵担保の期間を過ぎているからだ。

 システムが稼働しないと成果物の瑕疵が顕在化しないケースは多い。そのため、瑕疵担保の期間を長くするだけでなく、その起点を目的物の引き渡し時点ではなく、「システムの稼働開始から○カ月以内」のように規定しておくほうが賢明といえる。

 民法上は瑕疵担保の期間を1年以上に延ばすことも可能だ。だが、期間を長くすればITベンダーが負うリスクも大きくなるため、開発費用や保守費用が高くなることも考えられる。経営に与えるインパクトや、採用している技術の安定性などを考慮しながら、適切な期間を定める必要がある。

 瑕疵担保責任が民法上の無過失責任ではなく、「過失責任」に書き替えられている場合も多いので注意が必要だ。過失責任となっている場合、システム障害が発生したときに、ITベンダーが「自分の非によるものでない」と主張して、修補の対応を迅速に実施できないことになる可能性もある。

 経済産業省の「情報システム・モデル取引・契約書」(モデル契約書)では、第29条に「前条の検査完了後、納入物についてシステム仕様書との不一致が発見された場合、甲は乙に対して当該瑕疵の修正を請求することができ、乙は、当該瑕疵を修正するものとする」としており、無過失責任となっている。このような表現ではなく、「乙の責めに帰すべきシステム仕様書との不一致」のように、過失責任とされている場合は、無過失責任にするようITベンダーに要求すべきだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら