2013年4月末から5月上旬にかけて、大手IT企業が2013年3月期連結決算を相次いで発表した。ITサービス分野が好調で増収増益になった企業も多く、「ITサービスは12年前半は厳しかったが、後半は回復してきた。13年度も期待できる」(富士通の山本正已社長)、「これまでIT投資を我慢してきたユーザー企業が、今後の景気回復に伴い積極的に投資するだろう」(NTTデータの岩本敏男社長)など、ITサービスの分野では14年3月期も「明るさ」を展望する経営トップが目立った。

写真1●NTTデータの岩本敏男社長
写真1●NTTデータの岩本敏男社長

 大手メーカーの場合、日立製作所の売上高は全体で前年度比6.5%減の9兆410億7100万円、営業利益は同2.4%増の4220億2800万円だったが、部門別では「情報・通信システム」の売上高が同1.0%増の1兆7865億8700万円に、営業利益は同3.0%増の1046億8900万円と増収増益だった。海外のストレージ事業などが好調だったという。

 NECと富士通は明暗を分けた。NECの売上高は全体で同1.1%増の3兆716億900万円、営業利益は同55.5%増の1146億4700万円で増収増益。部門別では「ITソリューション」が順調に推移しており、売上高は同4.8%増の1兆2458億円、営業利益は同47.5%増の661億円だった。同社は4月からソリューション部隊の再編に取り組んでおり、さらなる市場開拓を目指している。

 富士通の売上高は全体で同1.9%減の4兆3817億2800万円、営業利益は同9.5%減の952億7800万円と減収減益になった。半導体事業の再編費用などで特別損失を計上したことが響いたが、ITサービスなど「ソリューション/SI」部門の売上高は8371億円と同1.5%増だった。

写真2●富士通の山本正已社長
写真2●富士通の山本正已社長

 ITサービス大手、NTTデータの売上高は同4.1%増の1兆3019億4100万円で、営業利益は同6.6%増の856億9600万円だった。部門別では通信や製造、流通業などを手掛ける「エンタープライズITサービス」の売上高が同9.2%増の3011億円と好調だった。金融や公共といった「パブリック&フィナンシャル」の売上高は7288億円でほぼ横ばいだった。

 野村総合研究所の売上高は3638億9100万円で同8.4%増、営業利益は440億1300万円と同2.0%増。部門別の売上高(外部)では「金融ITソリューション」が2197億5400万円と同8.5%増、このうち証券業向けは1159億400万円で同16.0%増だが、保険業向けは501億6200万円で同8.1%減だった。「産業ITソリューション」は836億1500万円で同16.3%増で、「コンサルティング」も227億6100万円で同5.0%増。IT基盤サービスは288億5000万円で同6.3%減である 。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら