日本OSS推進フォーラムは2013年2月22日、明星大学で行われた「オープンソースカンファレンス2013 Tokyo/Spring」(関連記事:OSC 2013 Tokyo/Springレポート - オープンソースとオープンデータで新しい公共を - OSC.Government Spring)で「第8回 日本OSS貢献者賞」および「第8回 日本OSS奨励賞」の授賞式を開催した。

写真●第8回 日本OSS貢献者賞および日本OSS奨励賞の受賞者と実行委員、審査委員
[画像のクリックで拡大表示]

 日本OSS貢献者賞は、影響力のあるオープンソースソフトウエア(OSS)開発プロジェクトを創設・運営した開発者や、世界的なプロジェクトで活躍する開発者、OSSの普及に貢献した人物を表彰する賞。日本OSS奨励賞は、OSSの開発や普及に顕著な活躍をした若手などの個人やグループを表彰する賞である。

TOMOYO Linuxの半田氏、LibreOfficeの吉田氏らに貢献者賞

 半田哲夫氏は、Linux向け国産セキュリティ強化モジュール「TOMOYO Linux」のメイン開発者。開発とともに、Linuxへの標準採用に貢献した。

写真●TOMOYO Linuxのメイン開発者 半田哲夫氏
[画像のクリックで拡大表示]

 吉田浩平氏は「OpenOffice.org」および「LibreOffice」の表計算ソフト「Calc」のメイン開発者。オフィスファイル形式「ODF」の国際標準化にも参画した。現在は米国でSUSEの社員としてフルタイムでLibreOfficeの開発に従事している。

写真●OpenOffice.org/LibreOffice開発者の吉田浩平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 授賞式には出席できなかったが、第8回 日本OSS貢献者賞は、MySQLの初期の日本語化パッチを作成し、「日本MySQLユーザ会」の代表も務めたとみたまさひろ氏と、Androidの開発に多大な貢献をした小林哲之氏にも贈られた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら