Google Developer Group 京都とNFC LABは2013年4月20日、アプリコンテストAndroid Application Award(A3)2013への応募を目指すハッカソンを京都と東京で開催した。A3 2013は、Androidで動くネイティブアプリとWebアプリを対象とするアプリコンテストで、NFCを活用したアプリを表彰する「NFC賞」も設けている。

写真●A3応募NFCハッカソン 京都会場(左)、東京会場(右)

NFC制御のUI周りのライブラリを一般にも公開

 Google Developer Group 京都は、Googleの技術に興味を持つ京都の開発者のコミュニティ。NFC LABは、Androidスマートフォンへの搭載が進むNFCの活用・普及を目的とする開発者コミュニティである(関連記事)。今回のハッカソンは、12日に両コミュニティが開催したアイデアソン(関連記事)に引き続いて行われたもの。会場もアイデアソンと同じ、京都は京都リサーチパーク、東京は豆蔵のトレーニングルームを。アイデアソンで考えだされたアイデアをベースにブラッシュアップや開発が進められた。

 ハッカソンにあたって、NFC LABのメンバーでブリリアントサービスの安川貴志氏が、NFCアプリの開発を容易にできるようにするためのライブラリ「nfc.sc」を提供した。現在、Apache License Version 2.0でハッカソン参加者以外にも一般公開されている

写真●nfc.scを解説するブリリアントサービスの安川貴志氏

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら