シリコンバレーの10キロ圏内に本社を置く3社、フェイスブック、アップル、グーグルの株式時価総額は、トルコ1国のGDP(国民総生産)に匹敵するほどの規模だ。このように、全体としては不調な米国経済を支えているのは、ビル・ゲイツからマーク・ザッカーバーグに至るまで数々のハッカーたちが創業した会社であることは間違いない。

 一般の機械やシステムの性能はたかだか2倍、3倍と直線的にしか向上しないのに、コンピュータの性能は1950年以降、10倍、1000倍、10万倍、100万倍と指数関数的に向上してきたことがその根本的な原因だろう。コンピュータという鷲の翼に乗ったものが勝利した半世紀だったと言える。今年のゴールデンウイークは読書を通じて、ハッカー起業家が世界を制覇した内幕を覗いてみるのはいかがだろうか。

ハッカーを3カ月で鍛え上げる養成所「Yコンビネーター」

[画像のクリックで拡大表示]

 まず、拙訳で『Yコンビネーター――シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール』(ランダル・ストロス 著、滑川海彦・高橋信夫 共訳、日経BP社)が発売の運びとなったので、まずはこちらからご紹介させていただきたい。

 Yコンビネーター(YC)は、多数のスタートアップ(ベンチャー)に比較的少額を一括投資し、3カ月間のブートキャンプでハッカーを中心とする起業家たちに、プロダクトを開発させるというユニークな方式のインキュベータだ。参加スタートアップは3カ月のキャンプの終わりに、多数のベンチャーキャピタリストや大企業の投資担当者の前で、デモンストレーションを行う機会が与えられる。

 YC出身企業のトップは、クラウド・ストレージのドロップボックス(Dropbox)で、既に40億ドルに評価されている。一般家庭への宿泊仲介をクラウドソース化したエアービーアンドビー(Airbnb)の評価額も10億ドルを超え、さらにヘロク(Heroku)、スクライブド(Scribd)、レディット(reddit)、ディスカス(Disqus)、ポステラス(Posterous)といった有名なスタートアップが並ぶ。2005年に創業パートナーのポール・グレアムがポケットマネーでささやかに始めたにしては、圧倒的な成功だ。後述するが、ポール・グレアム自身も、名高いハッカーである。

 本書の著者は『eボーイズ』(日本経済新聞社)や『プラネット・グーグル』(日本放送出版協会)などを書いたベテラン・ジャーナリストのランダル・ストロスで、Yコンビネーターに半年駐在してその活動を内側から細大もらさず取材した。読んでいくうちにYコンビネーターのパートナー、あるいは創業者になったような気分になる。創業であれ、既存企業内であれ、イノベーションを目指す人にとって得がたいバーチャル体験ができる1冊だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら