愛用のクラウドサービスが突然の事業停止を迎える。そんな光景は珍しくない。直近では、サーバー型RSSリーダーの老舗「Google Reader」が7月1日に幕を閉じる。別サービスに乗り換える、RSSを見限る、といった選択肢以外に、GWをきっかけに自分でサーバーを持つ道を歩んでみてはどうだろうか。

Google Readerサービス終了の関連記事

写真1●Raspberry Piをサーバー型RSSリーダーに
Raspberry Piは、ARMコアCPU搭載のシングルボードコンピュータ。送料を含めて3000円代で購入できる。別途1A程度の給電能力があるUSB ACアダプターとMicroUSBケーブル、OSインストール用のSDカードメモリーが必要。USBポート×1、HDMI×1、100BASE-TX×1などの外部インタフェースを搭載する。OSはLinuxやAndroidなどをインストール可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

 本記事では、手軽に始められるサーバー構築の題材として、ハードウエアにワンボードパソコン「Raspberry Pi」、OSにRaspberry Pi向けLinuxの1つ「Raspbian」(写真1)、アプリケーションにサーバー型RSSリーダー「Tiny Tiny RSS」を取り上げる。

 Raspberry Piは、パソコンとして最低限必要な外部インタフェースやGPIOを備えながら、送料を入れても3000円台という低価格が特徴のARMボードコンピュータ。アールエスコンポーネンツModMyPiのWebサイトなどで購入できる。

RaspbianはLinuxベースのOS(Linuxディストリビューション)の代表格である「Debian」をRaspberry Pi用にカスタマイズしたものだ。Debianは初心者の利用を意識したLinuxディストリビューション「Ubuntu」のベースでもある。Raspberry Piを持っておらず、このGWに間に合わない方はPCや仮想マシン、Amazon EC2上のUbuntu Serverを使う手もある。

Raspberry Piの関連記事

 Tiny Tiny RSSは、Webサイトの更新状況を確認するRSSリーダーだ。スクリプト言語「PHP」を実行環境とするWebアプリケーションで、PCやスマートフォンのWebブラウザーから利用できる。

Raspberry PiにLinuxを書き込み

 まず、Raspberry PiにLinuxをインストールする。公式サイトの配布ページからOSイメージファイルをダウンロードする(写真2)。ここでは「Raspbian “wheezy”」を入手し、ZIP形式のアーカイブを展開して「2013-02-09-wheezy-raspbian.img」を取り出す。展開後の容量は2Gバイトだ。  書き込みには、Win32 Disk Imagerを使う(写真3)。「Image File」欄に先ほどダウンロードしたファイル「2013-02-09-wheezy-raspbian.img」を指定し、「Device」欄にSDカードメモリーのドライブ名を選択。書き込み先を確認してから「Write」ボタンを押す。

写真2●Raspberry Pi向けOSイメージのダウンロードページ
公式サイトの配布ページからOSイメージファイルをダウンロードして導入。ここでは「Raspbian “wheezy”」をダウンロードする。
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●Win32 Disk ImagerでイメージをSDカードに書き込み
ダウンロードしたイメージファイルを解凍し、Raspberry Piに装着するSDカードに「2013-02-09-wheezy-raspbian.img」ファイルをWin32 Disk Imagerで書き込む。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら