図1●NTTデータ社内でのBYOD導入(NTTデータの発表資料より引用)
図1●NTTデータ社内でのBYOD導入(NTTデータの発表資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 私物のスマートフォンやタブレット、携帯電話、パソコンなどを業務に活用するBYOD(私物デバイス活用)が着実に拡大している。大企業の事例や、自治体の事例も増えてきた。

 NTTデータは2013年4月よりNTTデータ社内でBYODを導入する。スマートフォンやタブレットで業務モードと私用モードを自動的に切り替える技術を活用する(図1)。

NTTデータがスマホの私用・業務モード自動切り替え技術開発しBYOD導入、アプリ無償配信も

 和歌山県は2012年9月から、職員の個人所有のスマートフォンによる庁内へのリモートアクセスを実験中。13年度以降は、直行直帰が多い職員など140人程度の枠で本格導入する。

 大分県はUSBメモリーから起動するシンクライアントシステムによる在宅勤務(テレワーク)を導入し、12年度から本格運用している。

スマートデバイス/クラウドの庁内事務活用の効果と課題 都道府県CIOフォーラム報告 第10回春期会合

 インテルでは2012年度は2万3500台のBYODで100億円のコストを削減したという。1日当たり平均57分の時間短縮が実現でき、全社の時間短縮は2012年だけで約500万時間にもなるという。時給が仮に2000円としても、100億円のコスト削減につながったことになる。

インテルのIT部門、2012年度は2万3500台のBYODで100億円のコストを削減
 NTTコミュニケーションズは2011年9月からBYODを本格導入しており、現在約3600台の私有端末が業務に使われている。通信料や携帯電話の基本料金など約1億3000万円のコスト削減効果があったという。

[CD 2013]NTTコムの三隅氏が自社のBYOD導入を紹介、約1.3億円のコスト削減を実現

 アイ・ティ・フロンティアの情報システム部門のメンバーは2012年12月、BYOD環境を整備、メールの送受信、スケジュール管理、社内ファイルサーバーへのアクセスを利用可能にした。2013年1月にはイントラネットの社内通知を利用できるようにした。

事例データベース - アイ・ティ・フロンティア,スマホを「仕事の普段使い」に、BYOD環境を整備

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら