ジャンル:セキュリティ
ライセンス:個人利用に限り無償
作者:米Comodo社
URL:http://www.comodo.com/
Audacity
写真1●「Comodo Antivirus for Linux」でスキャンを実行している画面
[画像のクリックで拡大表示]

 Comodo Antivirus for Linuxは、Linux向けのウイルス対策ソフト。スキャンの実行や設定などをすべてGUIで操作できる。使い勝手や機能の面は、既存のウイルス対策ソフトよりもかなり高い。

 Linux向けウイルス対策ソフトとしては、「avast!」「AVG」「Avira」「BitDefender」「Clam AntiVirus」「F-PORT」などの知名度が高い。「Comodo Antivirus for Linux」(以下、COMODO Antivirus)は、2012年6月から無償配布が始まった新しいウイルス対策ソフトである(写真1)。認証局の大手プロバイダーである米Comodo社が開発した。

 最後発とあってか、既存ソフトよりも使い勝手や機能が高い。インストール直後にはリアルタイムでのスキャンが可能になる。スキャンの実行や必要な設定はすべてGUIで操作できる。スキャン実行時には必ず定義ファイルの更新有無がチェックされ、常に最新のウイルスを検知可能だ。Comodo社が管理するクラウド上のサーバーと連携する機能を持ち、定義ファイルに未登録のウイルス検知にも対応する。

Ubuntu 12.10では動作が不安定

 パッケージは、deb形式とrpm形式で配布されていて、それぞれ32ビット版と64ビット版が用意されている。Comodo社の公式サイトにアクセスし、トップページから「Home & Home Office」-「Internet Security」-「Comodo Antivirus for Linux」-「Download Now」とメニューをたどっていくと、ダウンロードのページにアクセスできる。

 対応するLinuxディストリビューションは、2012年12月18日時点で「Red Hat Enterprise Linux Server 5.8」「同 6.2」「Fedora 16」「SUSE Linux Enterprise Server 11」「OpenSUSE Linux 12.1」「Debian GNU/Linux 6.0」「Ubuntu 12.04」「CentOS 5.8」「同 6.2」である。

 Ubuntuの最新版である「12.10」には対応していないため、編集部で検証してみた。インストールは可能だが、サスペンドやシャットダウンが正常に動作しない問題が見られた。可能であれば対応バージョンでの利用を強くお勧めする。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら