ジャンル:バックアップ
ライセンス:GPL version 3
作者:ZenJu氏
URL:
http://freefilesync.sourceforge.net/
写真1●同期ソフト「FreeFileSync」
複数のディレクトリーやファイルを同期させられる。
[画像のクリックで拡大表示]

 「FreeFileSync」は、指定したディレクトリーの内容を別のディレクトリーに同期させるバックアップソフト。利用シーンを想定したアイコン配置を徹底しており、GUIで操作しやすいのが特徴だ。

 「FreeFileSync」は、指定したディレクトリーの内容を別のディレクトリーに同期させるバックアップソフトだ。GUIで直感的に扱える分かりやすさを前面に押し出した作りになっている(写真1)。右クリックメニューやウィンドウ周辺のアイコンで設定をカスタマイズできるため、同期対象をGUIできめ細かに設定できる多機能なツールでもある。


インストール手順

 インストールは、Ubuntuの場合はパッケージ、Fedoraの場合はソースコードからビルドする。

 Ubuntuでは、まず、画面右上の歯車アイコンをクリックして「システム設定」-「ソフトウェアソース」の「他のソフトウェア」タブを開き、「追加」ボタンでリポジトリーに「ppa:freefilesync/ffs」と入力して追加する。次に、Dashで「update」と入力して「ソフトウェアの更新」を起動して更新後に終了する。最後に、Ubuntuソフトウェアセンターで「freefilesync」を検索し、リポジトリーの更新が終わるまで数分待ってfreefilesyncが表示されたらインストールする。

 コマンドでインストールする場合は、Dashから「端末」を起動し、以下のように入力する。

$ sudo add-apt-repository ppa:freefilesync/ffs 
$ sudo apt-get update 
$ sudo apt-get install freefilesync 
このマークで改行

 Fedoraでは、図1の手順で実行ファイルを生成し、端末から

図1●FedoraでFreeFileSyncをビルド
[画像のクリックで拡大表示]

$ FreeFileSync 

で起動する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら