<< 前回へ<<

 前回は重複しない要素を扱うカラムである主キー(Primary Key)を説明しました。この主キーを参照するキーのことを外部キー(Foreign Key)といいます(図1)。

図1●主キーと外部キー
[画像のクリックで拡大表示]

 たとえば、著者情報テーブルのようなテーブルを想定してみましょう。著者情報テーブルは、書籍情報テーブルに登録されている書籍に対応する著者情報を登録するテーブルで、1冊の書籍に対して複数の著者が存在する場合もあるものとします。

 このような場合、著者情報テーブルは「どの書籍の著者なのか」を表すために「ISBNコード」列を持つ必要があります。著者情報テーブルの「ISBNコード」列は、当然、書籍情報テーブルの「ISBNコード」列の内容と対応関係にある必要があります。

 リレーショナルデータベース(RDB)では、このようにテーブル間の主キーと外部キーとで対応関係を持たせることで、互いのテーブルを関連付けられます。このような関連付けのことをリレーションシップと言い、主キーと外部キーとの対応関係に関する制約条件のことを参照制約と言います(図2)。

図2●参照制約
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら