Googleの投資部門であるGoogle Venturesはビッグデータへの投資を加速している。その代表がClearStory Data (クリア・ストーリ・データ)。Palo Alto (カリフォルニア州) に拠点を置き、ユニークな方式でビッグデータ解析技術を開発している。

大量発生する公開データ

出典:ProgrammableWeb.com

 多くの企業は、Hadoopなどのツールを利用して、業務で発生する大量のデータを収集し、解析するシステムを構築・運用している。これはビッグデータ解析と呼ばれ、多くのベンチャー企業から新技術が登場している。一方で、企業外では、ソーシャル・メディアを中心に、膨大な量のデータが生まれている。これらデータの多くは一般に公開されており、企業はAPIを通して自由に利用することができる。現在、APIを公開しているウェブサイトの数は急速に増えており、その数は8000を超えている (上のグラフ、出典:ProgrammableWeb.com)。

 その代表がTwitterやFacebookで、企業はTwitterやFacebookのAPIを利用して、会員データにアクセスすることができる。この他にも、映画ストリーミング・サービスのNetflix (ネットフリックス) は、2008年からAPIを公開しており、企業は無料でAPIを利用できる。プログラムからAPI経由で、Netflixの映画情報にアクセスし、ユーザの映画に対する評価やコメントを読むことができる。更に、希望する映画を閲覧予定リストに追加することができる。

出典:instantwatcher.com

 実際に、NetflixのAPIは、多くの企業で利用されている。上のスクリーンショットはinstantwatcher.comというサイトで、Netflixの映画タイトルを容易に検索することができる。このサイトで利用者は、Netflixが提供している映画タイトルを、様々なカテゴリーで閲覧できる。上の事例は、1980年代の映画タイトルを検索し、その結果をサムネールで表示しいる様子である。利用者は検索した映画のQueueボタンを押すと、その映画をNetflixの閲覧予定リストに追加でき、Netflixでその映画を見ることができる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら