今岡 良氏
今岡 良氏
島根県
地域振興部 次長

寺園 直喜氏
寺園 直喜氏
鹿児島県
企画部 情報政策課長

三幣 竹弘氏
三幣 竹弘氏
千葉県
総務部情報システム課 計画整備室長

 2日め午後は、情報セキュリティ対策の実効性を高めるための組織・管理面の方策をテーマに議論した。

 まず、島根県の今岡良地域振興部次長が、2012年4月に開始した庁内端末の一元管理について報告した。もともとの狙いは事務効率化と経費削減で、(1)標準PCの導入(全庁で8700台)、(2)データセンターに構築したプライベートクラウドへの情報政策課管理下の40システムと人事など部門システムの一部移設、(3)職員ポータル(共通データベース)の構築、(4)全庁共用ファイルサーバーの構築――に取り組んだ。事業予算は5年間で28億円である。

 標準PCは調達から処分まで一括管理し、各課任せだったソフトウエアのインストールや更新もリモートで一括実行。サーバーも部局ごとの調達をやめ、共用サーバーにより全庁で情報を共有できるようにした。併せて、カードリーダーの管理負荷をなくすとともに私物PCの接続を排除するために、ICカード認証からMACアドレス認証へ切り替えた。

 USBデバイスの利用形態も変更した。年間約200件のウイルス感染が発生していたが、多くがUSBデバイスを通じたもの。そこで公用USBメモリーを配布することにした。「合計4000本で、職員2人に1本の計算。職員PCでは他のUSBデバイスを使用できない設定にした」(今岡氏)。

 業者からの成果物の受け取りも、可能な限り公用USBメモリーで行うよう周知している。無理な場合は、検疫ネットワークに接続した検疫用PCでチェックしてから、公用USBメモリーに移し替える。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら