1年後の2014年春、みなさんの会社には優秀な人材が入社するだろうか―。就職活動中の学生を対象に、ITベンダーやネットサービス企業を対象にした就職人気ランキングを作成した。大手メーカーの人気に陰りが見える一方で、システムインテグレータ(SI)やコンサルティングの人気が再び高まってきている。

 2014年4月入社に向け、IT業界各社の採用活動が本格化している。既に筆記試験を終え、面接を始めたところもある。「経団連が倫理憲章を見直した(採用期間を2カ月短縮した)前年に比べると混乱は少ない」と、楽天のクチコミ就職情報サイト「みんなの就職活動日記」(みん就)の矢下茂雄事業長は説明する。「企業が説明会の開催を早めたことで、前年に比べれば、学生は落ち着いて就職先を選んでいるようだ」(同)。

 ITベンダーやネットサービス各社は、就職活動中の学生からどのように評価されているのか。楽天のみん就と日経コンピュータ、日経BPイノベーションICT研究所は共同で、2014年4月入社予定の学生を対象に「IT業界就職人気ランキング」調査を実施した。順位の変動幅や分野別/志望動機別などの順位に着目すると、IT業界のトレンドや各社への期待の変化が見えてくる。

 人気がある企業には、優秀な人材が集まりやすい。就職活動中の学生による人気ランキングは、IT業界各社の将来性を測る一つのパラメータであるといえる。ビジネスパーソンにとっても、人気のある企業で働いているほうが“やりがい”が高まるものだ。みなさんの会社は、学生からどのように評価されているのか。調査結果を見ていこう。

大手ITメーカーの人気に陰り

 まずは総合ランキング(図1)から紹介しよう。総合ランキングの1位はNTTデータだ。獲得票数は741で、2位のNTTコミュニケーションズに倍近い差をつけた。NTTデータは調査開始以来4回連続での1位で、絶大な人気を維持している。

図1●IT業界における就職人気の総合ランキング(社名は2013年3月1日時点)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら