閉じる

木村岳史の極言暴論!

日経コンピュータ

目次

  • 失敗できないと成長は無理、IT部門やベンダーは若者の牢獄だ

     大企業のCIOと、若手の育成で議論になった。若手育成はどのIT部門でも共通の悩みだが、ふと思い至った。IT部門に若手、特に新人を配属してはならない。むしろ、再雇用したシルバー人材を中心に運営するべきだ。

  • システム障害で過剰謝罪は不要だが、他人のせいにするのはおやめなさい

     私はいつも「極言暴論」などでITベンダーやユーザー企業のIT部門の愚かさを批判しているが、一つだけ以前と比べると劇的に改善したことがある。何かと言うと、システム障害の際の“過剰謝罪”が激減したのだ。素晴らしいことだが、実は…。

  • IT部門はゲームユーザーと全く同じ、ベンダーは日本を相手にするな

     日本企業のIT部門の反応は、日本のゲームユーザーのそれと全く同じである。もう少し普遍的に言うと、日本人の客は企業、個人を問わず、売り手にとっては危険極まりない存在で、特にITが絡むとリスクはマックス。「とにかく初モノを日本で出すのはやめておけ」なのだ。

  • 過剰サービスを強要する客を撲滅、SIerは連合キャンペーンを張るべし

     IT業界でも働き方改革が大ブームとなった。日本を代表する“長時間労働産業”の一角で、ブラック企業も多数紛れ込んでいる業界だから、当然と言えば当然。だが今やるべきは、ITベンダーに過剰サービスを強要するユーザー企業の撲滅だ。

  • なぜ、あの業界のシステム刷新は軒並み大炎上するのか

     IT、情報システムの世界は不可解なことの宝庫だ。一種のミステリーゾーンと言ってもよい。なかでも「なぜ、あの業界のシステム刷新は軒並み大炎上するのか」は、私にとって最大のミステリーだったが、その謎がついに解けた。

  • 「信頼できるベンダー」を探すIT部門が最もタチの悪い客だ

     「前回、システム開発を任せたベンダーがひどかったからね。今回は信頼できるベンダーを探している。御社は実績もあり、信頼して任せられそうだ」。ITベンダーが新規客のIT部門からそんな話を聞いたら、悪いことは言わない。その案件は即座に辞退すべきだ。

  • 素人でも即座になれる職業はSE、“人財”使い捨てのIT業界の悪行

     日本のIT業界には、どんな素人であろうと誰でもすぐになれる職業がある。読者には分かるだろうか。「そりゃ、コンサルタントと違うか」との声が上がりそうだが、さすがにそれはない。答えはシステムエンジニア。そう、SEである。

  • 多重下請け温存で働き方改革、ITムラ社会のふざけた話

     多くの企業が右往左往して取り組み始めた「働き方改革」。極言暴論では以前、業務プロセスの抜本見直しなど経営の問題をスルーして、現場に働き方改革を丸投げする日本企業の経営者の愚かさを記事にした。今回は第2弾としてIT業界固有の問題をあぶり出す。

  • 金融機関もシステムの保守運用体制が瓦解、理由はもちろん“あれ”

     IT部門にとっては、むしろ日常のシステム保守運用が業務の大半を占め、ITベンダーにとってもIT部門から請け負う保守運用はビジネスの中で大きな比重を占める。だが、大手金融機関をはじめ多くの日本企業で、システム保守運用の人的基盤が瓦解しつつある。理由は簡単。経営者の例の鶴の一声だ。

  • またも愚かなカイゼン、噴飯モノの働き方改革の行方

     日本企業の間で大ブームとなりつつあるのが「働き方改革」。バズワードとしても赤丸急上昇中だ。だが「改革」という言葉は、とにかく日本企業には縁起が悪い。実は既に大多数の企業で働き方改革の失敗は確定しているのだ。

  • 客を見限る外資系ITベンダー、続「日本企業にソフトは売らない」

     まもなく「極言暴論」を書き始めて4年を迎える。連載開始当初に大反響を得た記事が「日本企業にソフトは売らない」。もう日本企業を客とは見なさない外資系ベンダーが増えてきたという内容だったが、現状はいかに。Part2をお届けする。

  • 化け物を撲滅! IT業界に一番必要なのは“顧客改革”だ

     IT業界の多重下請け構造は何度も言及してきた大問題だが、今回は多重下請け構造を個々の取引に分解してみる。すると見えてくるのは、“弱虫の数珠つなぎ問題”である。

  • 生産年齢人口が1000万人減!もうIT業界の人月商売は成り立たないぞ

     「少子高齢化」とはよく言うが、具体的な数字で突きつけられると、がくぜんとさせられる。日本の生産年齢人口は1995年に比べると1000万人以上も減った。10年後には7000万人を割り込む。IT業界の観点で捉えると、結論は明らかだ。もはや人月商売は成り立たない。

  • 「それでもSIerが死滅しない」という最悪のシナリオはあり得るか

     2017年最初の「極言暴論」である。実は、この極言暴論を書き始めてから、まもなく4年を迎える。よくまあ飽きもせず、というか、暴論のネタが尽きなかったものだと思う。それほど日本企業のIT活用がデタラメで、IT部門もダメダメ、そしてIT業界の御用聞き体質や多重下請けの“人でなし”構造がひどい状態だった…

  • 「提案料を支払え!」、ド厚かましいユーザー企業にIT業界が言うべき事

     馬の耳に念仏とは、このことだ。ユーザー企業のIT部門に「ITベンダーに提案料を支払うべきだ」と言っても、「はぁ? ベンダーの営業活動に、なぜカネを払わなければいけない」との反応。あのね、あなた方が要求する提案って、単なる見積もりじゃなく、自分たちでは編み出せない解決策でしょ。ド厚かましいにもほどが…

  • ようやく納得、ITを分からない経営者は「経営の素人」である

     経営とITに関してモヤモヤしていたことがある。何かと言うと、日本企業の経営者がITを分からないという不可思議現象である。「ITを分からない経営者」は論理的にあり得ないはずだが、IT嫌いを自称する経営者もいたりする。もうビックリだが、突然ひらめいた。そうか、ITを分からない経営者は経営の素人なんだ。

  • 「おもてなし」も「お客様のために決して逃げない」も撲滅すべし!

     世界に冠たる日本のおもてなし。外国人に「日本人はなんて親切なんだ」と褒められ有頂天。ビジネスパーソンでも「おもてなし精神が日本の競争力」とまともに信じ、その競争力がどのようにして生じているかに思い至らない人が多い。IT業界で「お客様のために」と叫んでいる連中に多いタイプだが、もうアホである。

  • なぜか正反対の理由でシステム開発が大炎上、愚か者の会議で起こる事

     プロジェクトの途中で要件が膨らむというのは、システム開発が失敗する代表的なパターン。要件の膨張、つまりスコープの膨張はプロジェクトを大炎上させる王様だ。だが、プロジェクトの途中でスコープが縮小して失敗する不可解なケースもある。なぜ正反対の理由で失敗するのだろうか。その謎解きを“暴論”する。

  • IT部門以外の人には理解不能、マルチベンダーロックインの怪

     ユーザー企業のIT部門では、他部署の人にはどうしても理解できない不思議な出来事が起こる。その最たるものの一つが「マルチベンダーロックイン」という現象だ。しかも、この現象が怪奇なのは、IT部門がベンダーロックインを避けようとした結果、複数のITベンダーにロックインされる事態に立ち至ったことだ。

  • ベンダーはアホなIT部門を“しつけ”なさい、それが世のためです

     SIerの経営者には、顧客満足度信者みたいな人がいて驚かされる。顧客の満足を高めることは別に間違っていないが、一つ前提がある。客のIT部門、CIO(最高情報責任者)などが“立派な大人”であることだ。甘えきった客が相手なら、顧客満足度を上げる前にやるべきことがある。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る