ファイルの保管場所や共有場所として重宝するオンラインストレージ。ただ、心配なのが情報漏洩。第三者に勝手にアクセスされることを心配するユーザーは少なくないだろう。

 実際、個人情報などを収めた大事なファイルが、意図せず公開されるケースは多い(図1)。

図1●自分でさらすケースが相次ぐ
あるオンラインストレージで公開されていたファイルの例(個人情報の部分は編集部で修整)。何らかの名簿だとみられるものの、誰でもアクセスできる状態になっていた。
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほとんどは、ユーザーの設定ミスが原因。オンラインストレージの多くでは、初期設定では、ファイルをアップロードしたユーザーしか閲覧できない設定になっている。

 だが設定を変更すると、検索サイトなどを経由して、第三者によって、大事なファイルにアクセスされる危険性がある(図2)。

図2●ファイルの公開設定に注意
Googleドライブ(左)とSkyDrive(右)の設定例。いずれのサービスでも、初期設定では、ファイルをアップロードした本人以外は閲覧できない。だが、設定を変更すれば、誰でも検索や閲覧ができるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら