アクセスしているWebサイトは異なるのに、似たような広告が表示された経験はないだろうか(図1)。

 例えば、ソフトウエア関連のWebサイトを頻繁に閲覧しているユーザーには、ソフトウエアに関する広告が表示される。一方、別のユーザーがアクセスした場合には、全く異なる広告が表示される。あたかも、自分の趣味に合わせて広告が表示されているように思える。

 実際、その推測は正しい。Webサイトによっては、ユーザーのアクセス履歴を収集し、表示する広告の選択などに利用している。

図1●なぜ同じような広告が表示されるのか
同じような広告が表示される例。異なるWebサイトにアクセスしても、同じ内容の広告が表示されることがある。また、同じWebサイトを見ているはずなのに、表示される広告の種類が他人とは異なることもある。
[画像のクリックで拡大表示]

ユーザーごとに別広告

 それを実現しているのが「Cookie(クッキー)」だ(図2)。Cookieとは仕組みの名称だが、その仕組みで使われる情報(データ)を指すことも多い。

図2●「Cookie」でユーザーを識別して広告配信
ユーザーに合わせた広告配信の概略図。異なるWebサイトで同じ広告が表示されるのは、Cookieという仕組みでWebアクセスをトラッキングしているから。ただし、特定しているのはWebブラウザーだけ。個人は特定していない。
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーがWebサイトにアクセスすると、パソコンに保存されているCookieが、広告を配信しているWebサイトに送信される(図2の1)。

 Cookieには、ユーザーがアクセスしているWebページの種類や、ユーザーを識別するためのIDなどが記述されているため、ユーザーに合わせた広告を配信できる(図2の2)。つまり、アクセスしているWebサイトが異なっても、広告を配信しているWebサイトが同じなら、同じような広告が表示されることになる。

 ただし厳密には、識別されているのはWebブラウザーであり、個人は特定されない。Cookieは、Webブラウザーごとに保存されるためだ。

 Cookieを使った広告表示を、「自分に合った広告が表示されるので便利」と感じるユーザーがいる一方で、避けたいユーザーもいるだろう。その場合には、Webブラウザーの設定などで識別されることを回避できる。

 回避するには、Cookieの仕組みを知ることが重要だ。以下では、まず最初に仕組みを解説してから、具体的な回避策を紹介する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら