「賢者が描く10年後のインターネット」の6回目は、米セールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフ会長兼CEO(最高経営責任者)だ。企業のITシステムに大変革をもたらした辣腕経営者は、SNSの普及で企業と顧客の関係は様変わりすると断言する。顧客と密接につながることが、強い企業になる条件だ。

インターネットでは今後、どのような変化が起きると考えますか。

(写真:丸毛透)

 IT(情報技術)の領域では4つの重要なトレンドが起きています。これは何度も指摘していることですが、1つ目のトレンドはクラウドコンピューティングです。クラウドは今後も、ITの世界を大きく変えていくと思います。2つ目は、次世代のデバイスがどんどん生まれているということ。指で触って操作するタッチベースのシステムが圧倒的な存在になり、人々は従来のキーボードやマウスから解放されつつあります。

 3つ目はソーシャルです。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で人間同士がつながることが、極めて大きな影響力を持つようになっています。「フェイスブック」や「ツイッター」などのSNSが起こしている変化を思い浮かべてください。そして4つ目のトレンドは私が“ローカルの能力”と呼んでいるものです。すべてのアプリケーションで今後、地図情報など地域に関する情報がカギを握るようになるはずです。

 この「クラウド」「タッチ」「ソーシャル」「ローカル」の4つが融合する中で、次世代のネットの世界が決まっていきます。10年先に現在の米グーグルのような存在になろうとするなら、この4つの要素を実現できるかどうかがポイントになるはずです。

 例えば日本で人気の高いスマートフォン向け無料通話アプリの「LINE(ライン)」は、4つの要素をうまく取り入れることで消費者の人気を集めています。とても操作しやすく、手軽に友人とつながることができます。LINEはネットの将来像の1つを指し示していると思います。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら