写真●Firefox OSのプレスカンファレンスには世界の通信キャリアのトップや端末メーカー幹部が多数集まった
写真●Firefox OSのプレスカンファレンスには世界の通信キャリアのトップや端末メーカー幹部が多数集まった
[画像のクリックで拡大表示]

 2013年2月25日から28日までスペイン・バルセロナで開催されている世界最大のモバイル関連展示会「Mobile World Congress(MWC) 2013」。台風の目となったのが、Firefox OSとTizenという、iOSとAndroidに次ぐ“第3極”になりそうなモバイルOSだ。日本でも、KDDIはFirefox OSを、ドコモはTizenを搭載したスマートフォンを製品化すると表明した。

 そのほかにも多くの新機種が発表され、また日本からの多くの出展や講演もあった。MWC 2013の膨大なニュースにモバイルの潮流が見える。

Mobile World Congress 2013 特集サイトへ

「HTML5」と「オープン」でFirefox OSとTizenが席巻

2000円携帯や150Mbps対応のLTEスマホなど新機種が続々

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら