Windows 8の最大の魅力は、なんといってもスタート画面に代表されるModern UIだ。しかし、今回のWindows 8道場は、このModern UIを真っ向から否定してみる。

 そう考えた理由は、現在Windows 8を利用しているユーザーやこれからWindows8を始めようとしているユーザーのほとんどが、Windows XP/Vista/7からのアップグレード組で、タブレットPCやタッチパネルを搭載しているPCのユーザーはまだ少数ではないかと思ったからだ。そうなると、たとえWindows 8のModernUIがいかに素晴らしくとも、使い慣れたデスクトップで作業をしたいと思うのが人情だろう。

 そこで今回のWindows 8道場は、できるだけWindows 7の操作方法に近づける、様々な方法を紹介していこうと思う。

不用意にタッチしがちなロック画面

 Windows 8の紹介記事などで、必ずといってよいほど目にするのが「ロック画面」だろう。Windows 8のデフォルトのロック画面は、シアトルのシンボルタワー「スペースニードル」のイラストが描かれた印象的なものだ(図1)。

図1●Windows 8のデフォルトのロック画面
Windows 8では、タブレットPCで持ち歩く際に、不用意に画面に触れて誤動作を起こさないよう、ロック画面が採用されている。デフォルトのロック画面のイラストは、アメリカワシントン州シアトルにあるシンボルタワー「スペースニードル」。
[画像のクリックで拡大表示]

 このロック画面は、タブレットPCなどを持ち歩く際、不用意に画面に触れて誤動作を起こさないようにする保護の役割がある。

 もちろん、タッチパネルを有するタブレットPCにはなくてはならない画面だが、これがデスクトップやノートPCだと、単にサインインするまでの作業が一つ増えるだけで、ほとんど意味がない。そこで、このロック画面を表示しないように設定してみよう。

 ロック画面を非表示にするには、ローカルグループポリシーを使うのが基本だ。ただし、1つ問題がある。Windows 8の無印エディションでは、ローカルグループポリシーが使えないのだ。そのため、無印エディションのWindows 8を使っているユーザーは、自己責任で直接レジストリを編集することになる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら