Tor(The Onion Router)とは、オンラインの匿名性を実現するためのオープンソースソフトウエアであり、世界各地に設置された数千台の中継ノードからなるネットワークである。

 例えばTor経由でWebサイトにアクセスすると、Webサイトのアクセス履歴に、利用者のPCのIPアドレスは記録されない。アクセスを中継する3台のノードのうち最後の1台のIPアドレスが残るだけで、利用者のPCまでたどることは極めて困難になっている。今回の誤認逮捕事件の犯人は、Torを使って罠サイトを仕掛けたり、マルウエア(ウイルス)を配置したりしたとされている。

 Torのソフトウエアは現在、「Tor Project」が開発を進めており、公式サイトでWindows、Mac OS X、Linux/UNIX向けが公開されている。Android用の「Orbot」もGoogle Playからインストールできる。2012年11月現在の1日の利用者は約50万人とされ、約4000台の中継ノードがボランティアとしてTorネットワークに参加している。

 Torがどのように匿名性を実現しているのか、その仕組みをまず見てみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら