マイクロソフトが2012年7月31日(現地時間)にプレビュー版を公開したWebメール「Outlook.com」。同社は以前から「Hotmail」(現在はWindows Live Hotmail)というWebメールを運営してきたが、今後はOutlook.comに切り替わっていく。どういったWebメールとなるのか、大変興味深い。個人的にOutlookと聞くと、Microsoft Officeに含まれるメールやスケジュール管理ソフトを思い出すのだが、実際にOutlook.comを使ってみると印象が変わった。

 特に興味深かったのは、“見た目(ユーザーインターフェース)”だ。Webメールの原型、旧態依然としたHotmailのインターフェースと比べると、Outlook.comは大変スッキリしている。それもそのはず、同社の新OS「Windows 8」が採用している「Windows UI」(以前はMetro UIと呼んだ)風のページデザインとなっているのだ。プレビュー版ということもあり、広告が表示されないことも、とてもよい。触っていくと、グーグルの人気Webメール「Gmail」とは違う魅力を感じた。

マイクロソフトがプレビュー版を公開中の
Webメール「Outlook.com」
[画像のクリックで拡大表示]

Gmailが登場する以前、Webメールの定番といえば、「Hotmail」だった……
[画像のクリックで拡大表示]
定番のWebメールサービスとなったグーグルの「Gmail」。登場当時は、ほかのWebメールサービスと歴然とした差を見せつけていたが、その差は徐々に縮まっているのだ
[画像のクリックで拡大表示]

 思い起こせばGmailが登場する前、筆者を含め、知り合いの多くもHotmailをメーンのWebメールとして使っていた。そこに最大1GB(当時)のメールを保存できるGmailが登場。サービスと機能、両面に勝るGmailに驚き、筆者も友人らもあっさりGmailへと乗り換えたのだった。以来、Gmailを使い続けてきたわけだが、最近は「Gmailが最良のWebメールなのか?」という疑問を持つようになった。なぜなら、Gmailを上回るようなWebメールが登場しているからだ。

 一時期は水を空けられたHotmailですら、メールの保存容量はGmail以上。Gmailは約10GBまでのメールを保存できるが、Hotmail(Outlook.comも同じ)は、保存容量が無制限としている。この点に魅力を感じるのは、メーンで使っているGmailの保存容量がもうパンパンということも大きい。有料プランで容量を増やすか、新しいアカウントを作成してGmailを使い続けるか……悩んでいるという状況なのだ。しかし、Hotmailに戻るのは気が進まず、Gmailを騙し騙し使ってきた。

 そこに登場したOutlook.com。果たして、Gmailから乗り換えるに値するWebメールとなっているのか? 個人的に気になる4つのポイントを確かめた。

定番のWebメールサービスとなったグーグルの「Gmail」。登場当時は、ほかのWebメールサービスと歴然とした差を見せつけていたが、その差は徐々に縮まっているのだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら