調査会社のBCNは2013年1月16日、2012年のデジタル家電の販売状況を発表した。秋に登場したエイスーステック・コンピューターの「Nexus 7」をはじめとする7型タブレットが人気を獲得して急拡大する反面、アップルの「iPad」が絶対的なシェアを誇っていた10型クラスのタブレットが一気に縮小していることが分かった。

パソコンは、Windows 8モデルへの移行がようやく進み始める

 BCNの道越一郎氏は、2012年のデジタル製品の販売は全体に低調だったものの、夏以降にやや回復の兆しが見え始め、政権交代に沸いた2012年12月はその傾向が顕著になったという。だが「本格的な回復はもう少し先」とみる。

 2012年秋に新OS「Windows 8」がリリースされて盛り上がるかと思われたパソコンだが、Windows 8モデルが登場しても売れ行きはしばらく低調に推移した。2012年12月末になって売れ行きがようやく上向いたものの、爆発的なWindows 8ブームは不発に終わったといえる。

デジタル機器全体の販売動向。2012年は販売数量と販売金額の両方とも、2011年を上回れない低調ぶりだった
[画像のクリックで拡大表示]
公的機関が調査した景況感は、政権交代に沸いた2012年12月に急上昇している
[画像のクリックで拡大表示]
パソコンは、ノートパソコンとデスクトップパソコンの両方とも前年割れが続く。Windows 8の発売でも状況は好転しなかった
[画像のクリックで拡大表示]
唯一好調といえるのが、薄型軽量のウルトラブックだ。2011年末と比べて、全体の販売台数に対する比率が3倍以上に増加している
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら