プログラミング言語Rubyに関する国際会議「RubyWorld Conference」が島根県松江市で2012年11月8日と9日、開催された。同会議は、島根県や松江市の産官学が組織し、Rubyの作者であるまつもとゆきひろ氏が実行委員長を務めるRubyWorld Conference実行委員会が主催、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が共催した。2日間でのべ949人が参加、Rubyの採用事例やビジネス、技術、コミュニティに関する講演が行われた。

写真●RubyWorld Conference 2012
[画像のクリックで拡大表示]

 挨拶に立った島根県知事 溝口善兵衛氏は、「島根県はRubyを軸にした産業振興を松江市とともに進めており、今後も力を入れていく」と語った。

写真●島根県知事 溝口善兵衛氏
[画像のクリックで拡大表示]

「世界を変えるには」、まつもと氏

 まつもとゆきひろ氏は「How to change the world」と題し基調講演を行った。「世界を変えることができるのだろうか」とまつもと氏は問う。それは世界の定義による。小さな世界であれば、誰でも変えることができる。まつもと氏は、Rubyを作り、100万人以上の人々がRubyを使っているとされる。海外のカンファレンスに行くと「Rubyで人生が変わった。仕事が楽しくなった」と何人もの人が声をかけてくれる。

 どうすれば世界を変えることができるだろうか。その確実な方法は誰も知らない。まつもと氏にもわからない。

写真●まつもとゆきひろ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 確かなのは、やってみなければ何も変えられないこと。だから、小さく何度も賭けて、失敗したらまた挑戦するしかない。「私は天才プログラマではない。でも、Rubyの開発を継続できたことが才能だったと思う。そして仲間がいた」(まつもと氏)。世界を変えよう。世界を少しより良い場所にしよう。身近な小さな世界から。そうまつもと氏は呼びかけた。

写真●「小さく何度も賭けよう」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら