Ubuntu 12.10は、インストールや設定のしやすさに開発の主眼を置くLinuxの入門者向けディストリビューションです。英Canonical社が支援するUbuntuコミュニティーによって提供されています。

 標準で多言語対応済みなので、日本語の表示や入力が可能です。Windowsファイルシステム内にUbuntuをインストールするツール「Wubi」を使うと、パーティションの設定変更なしで簡単に利用を始められます。

 本インストールガイドでは、Wubi、ならびに仮想化ソフトを利用してUbuntu 12.10 Desktopをインストールする方法を紹介します。

Ubuntu 12.10 Desktop

開発元:Canonical社、Ubuntu Foundation

URL:http://www.ubuntu.com/

対応機種:x86、AMD64

注意事項

 Ubuntuをインストールする際には、以下の点に注意が必要です。

(1) 動作環境

 Ubuntu 12.10のインストールには、一部のPentium III機を除くPAE対応のCPU、768Mバイトのメインメモリー、5Gバイト以上の空き容量が必要になります。ストレージの空き容量が少ない場合は、別ドライブを用意することをお勧めします。

(2) Windowsとのマルチブート

 Wubiで導入したUbuntuを削除する場合は、一般のアプリケーションソフトを削除する際と同じく、「アプリケーションのアンインストール」でWubiを削除します。

(3) ハードウエアの動作について

 パソコンの機種によってはその機能すべてを利用できない場合があります。テレビチューナー、無線LANなどです。無線LANについては機器の提供ベンダーがLinux用のデバイスドライバを用意している場合がありますので、そちらを個別にインストールして利用してください。

免責事項

 インストールによって起動しなくなった、データが消えてしまったなどのトラブルが発生した場合でも、弊社および著者、Linuxのディストリビューターは一切の責任を負いません。また、インストールに関する質問についても承けかねます。自己の責任においてインストールしてください。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら