ASUSによる世界初の両面ディスプレイUltrabookが「ASUS TAICHI」だ(写真1)。通常のノートPCの天板にあたる部分に、2枚目のディスプレイを搭載する。通常のノートPCとしてはもちろん、ディスプレイを閉じた状態ではタブレットPCとしても利用できる。

 ASUS TAICHIは、2012年6月のCOMPUTEX TAIPEIに合わせて開催されたASUSのイベントで発表され、それ以来大きな注目を集めてきた(関連記事)。12月上旬の発売はいったん延期されたものの、12月22日よりいよいよ発売される見込みだ。

 今回はこのASUS TAICHIを詳しくレビューしていきたい。

写真1●ASUS TAICHI
[画像のクリックで拡大表示]

製品構成は1モデルのみ、価格はUltrabookとして標準的

 今回評価するASUS TAICHIのスペックは以下の通り。詳細な仕様はASUSのWebサイトを参照されたい。

CPUIntel Core i7-3517U 1.9GHz
メモリー4Gバイト
ストレージ256GバイトSSD(SanDisk SD5SE2256G1002E)
GPUIntel HD Graphics 4000
ディスプレイ11.6インチIPS液晶×2(1920×1080ドット)
OSWindows 8(64ビット)

 現時点で発表されているモデルはメモリー4Gバイト・ストレージ256Gバイトの「TAICHI21-CW009H」のみで、他のバリエーションは用意されていない。メモリーは通常利用において十分な4Gバイトを搭載するが、64ビットのWindows 8を快適に使うためにも、8Gバイトのオプションが欲しいところだ。

 12月20日現在、量販店での予約価格は14万円前後となっており、ポイントなどを考慮すると12万円台で購入できると考えてよいだろう。ASUS TAICHIはフルHDのディスプレイを2つ搭載し、Core i7プロセッサや256GバイトのSSDを採用するなど、スペック的には高級機という印象を受けるが、Ultrabookとしては標準的な価格といえる。

 また、付属品として専用ケース(写真2写真3)やVGAアダプタ、USB接続の有線LANアダプタを同梱する。オプションとして別途購入することを考えれば、お買い得感があるといえる。

写真2●ASUS TAICHI付属のケース
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●持ち運び時に外側のディスプレイを保護できる
[画像のクリックで拡大表示]

 オフィスソフトとしてはKINGSOFTの「Office 2012 Standard」が付属する。ただし30日間の無料体験版のため、本格的に利用する場合は別途購入したい。

 この「TAICHI21」は11.6インチモデルだが、近いうちに13インチクラスの「TAICHI31」が登場する見込みと一部メディアが報じている。実際にASUSのサポートサイトでは、TAICHI31という選択肢が確認できる。ただし国内発売の有無など、現時点で詳細は不明だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら