あけましておめでとうございます。Java技術最前線も8年目となりましたが、今年も最新情報をお伝えしていく所存ですので、よろしくお願いします。

 今年の注目は、なんといってもJava SE 8のリリースです。Porject JigsawはJava SE 9にスリップしてしまったものの、Project Lambdaをはじめとした様々な新機能が導入される予定です。また、JavaFXも標準APIとして提供されることになっています。

 もちろん、本連載でも今後Java SE 8を取りあげていくつもりです。

 さて、今月もJavaFXの解説を続けていきましょう。

 先月まではGUI部品であるコントロールについて紹介してきました。今月は描画とはちょっと離れた機能を取りあげます。

 GUIをMVC構造で構築した場合、GUIに表示する情報はモデルに保持させます。この場合、モデルとビューの対応づけをしなくてはなりませんが、これが意外に面倒です。

 この時に便利に使えるのが、今回紹介するバインドという機能です。

 バインドは二つの変数を自動的に同期させる機構です。しかし、どのような変数でも同期できるわけではありません。バインドが使えるのが、今回のもう一つのトピックであるプロパティです。

 では、まずプロパティから紹介していきましょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら