オープンソースソフトウエア(OSS)のクラウド基盤構築ソフト「OpenStack」の新版「Folsom」が2012年9月27日にリリースされた。新たに2つのコアプロジェクトが加わって機能が拡充されたほか、Dashboardの日本語環境が改善されて使い勝手が高まった。

 OpenStackの新版であるFolsomでは、2つのコンポーネントが新たに加わった*1。ネットワークを管理する「Quantum」と、ブロックストレージを管理する「Cinder」だ。

*1 OpenStackは、複数のコンポーネントで構成するソフトウエア群である。主なコンポーネントは仮想マシンを管理する「OpenStack Compute(Nova)」、ストレージを管理する「Object Storage(Swift)」、ユーザーインタフェースを管理する「Dashbord(Horison)」などがある。OpenStackでは、これらコンポーネントごとに開発プロジェクトが独立していて、メインの機能として構成するコンポーネントのプロジェクトを「コアプロジェクト」と呼んでいる。これとは別にコミュニティーレベルでOpenStack向けコンポーネントを開発するプロジェクトがある。それらは「インキュベーションプロジェクト」を経てコアプロジェクトに昇格することが多い。

 Quantumと同様の機能は、これまでも仮想マシンを管理するコンポーネント「Nova」に実装されていた。Quantumは、Novaが実装していたネットワーク管理機能を拡張し、改善したものである。
 例えば、アプリケーションやデータベースなど用途ごとにネットワークのセグメントを分割したり、2拠点間をレイヤー2レベルで通信できるようにしたりできる。また、プラグインによる機能追加に対応し、拡張性が高くなっている。

 2つ目のコンポーネントであるCinderは、仮想マシンにブロック単位の仮想ボリュームを割り当てるもの。Quantumと同じく、同様の機能はNovaでも実装されていた。CinderはNovaの同機能を切り離したもので、次期バージョンではNovaによるブロックストレージ管理機能が省かれる予定だ。

 Cinderはコアプロジェクトになったことで、これまでよりも信頼性や機能面での向上が期待されている。例えば、これまではストレージ装置のベンダーが提供しているドライバを追加しようとすると、個別の設定が必要だった。Cinderでは、ベンダーの違いを意識せずにブロックストレージを設定できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら