前回紹介した特許庁システムの開発失敗は、政府システム調達に横たわる構造的な問題を示している(図1)。IT人材が質と人数の両面で足りないという点と、入札準備から稼働に至るまでの調達プロセスが未成熟という点だ。

図1●政府システム開発の成功率を下げる要因
IT人材の不足やプロセスの未熟さが失敗を招いた
[画像のクリックで拡大表示]

 2004年に各省庁が策定を始めた、業務やシステムの無駄をなくすための行動計画「業務・システム最適化計画」では、業務プロセス改革や分割発注といった理想を描いていた。ところが、それらの実行に必要なスキルやリソース、プロセスを用意しなかった。

 失敗は特許庁システムだけではない。次期年金システム(社会保険オンラインシステム)、府省共通の人事・給与システムなど、大規模システムや省庁共通システムでプロジェクトの中止や停止、延期が相次ぐ(図2)。その原因を突き詰めると、いずれもIT人材と調達プロセスという二つの問題に行き着く。

図2●最適化計画に沿った主な大規模システム刷新とその結果
[画像のクリックで拡大表示]
表●最適化計画に基づいて刷新したシステムとその成果
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら