2013年7月のみずほ銀行(BK)・みずほコーポレート銀行(CB)合併に先駆け、みずほは2012年4月にみずほフィナンシャルグループ(FG)とBK、CBの組織を統合し、新生みずほとしてスタートを切っている。そのみずほは2016年3月末をメドに、BKとCB、みずほ信託銀行(TB)の勘定系システムを統合する(関連記事:[スクープ]みずほの次期システムはマルチベンダー、4社に分割発注)。

 「システム統合は新生みずほを象徴するプロジェクトだ」。FGの高取次長は力を込める。日経コンピュータの取材で、システム統合の概要が明らかになった。

 システム統合における最大のポイントは、勘定系システムを全面刷新することだ。既存の業務にとらわれず、銀行業務のあるべき姿を描き、それを実現するシステムを構築する。

機能単位でコンポーネント化

 BK、CB、TBのいずれかのシステムに片寄せはしない。「不動産信託」など独自商品を持つTBのシステムは一部残す可能性があるものの、BKやCBのシステムは廃棄する。1988年から24年間にわたって使い続けているBKの勘定系システム「STEPS」を、ついに刷新するわけだ。

 新システムはどう作るのか。みずほは勘定系システムのハードウエアだけでなく、アーキテクチャーそのものを全体最適の観点で刷新する考えだ。注目は業務アプリケーションの「コンポーネント化」である。預金、融資、為替といった機能ごとにアプリケーションを切り分け、業務コンポーネントとしてまとめる(図1)。

図1●みずほにおける銀行勘定系システムの統合方式
新システムを構築し現在のシステムは廃棄する。新システムは共通機能をまとめた「共通基盤」と機能別の「業務コンポーネント」からなる
[画像のクリックで拡大表示]

 各コンポーネントは「共通基盤」と呼ぶプラットフォームを通じて連携する。共通基盤にはCIF(カスタマー・インフォメーション・ファイル)や処理フローの制御など、各コンポーネントが共通して必要とする機能を実装する。

 みずほは日本IBM製メインフレームをベースに、共通基盤を先行して構築し始めた。2013年3月までに、完成した部分から稼働させる予定だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら