にわかにASEAN(東南アジア諸国連合)に関心が集まり始めた。2015年にASEAN統合を控えてのことだが、日本ではミャンマーが話題の中心になっている。そのミャンマーを商談で訪れ、こんな光景に出くわした。

 「どれが本物の部品か分かりますか」
ミャンマーのヤンゴン市内のとある自動車修理工場での商談だ。日本から来てもらった自動車修理の専門家を連れ、現地で販売されている自動車部品を点検しているときのことだった。

 「箱にはMade in Japanと書いてありますね」
山のように机の上に並べられた数々の自動車補修用部品の箱には、どれにもMade in Japanの文字が並ぶ。英語の表記の横にご丁寧に日本の説明までついている。しかし、この日本語がいかにも怪しいのだ。

 「日本人ならこんな説明文は書きませんよ。明らかに偽物でしょう。でも、中に入っている部品は、偽物か本物か見分けがつきませんね」

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら