「欲しい」「困っている」といった消費者の声を察知し、顧客の問い合わせに先んじる「アクティブサポート」。ソーシャルメディア活用の決め手として、Twitterなどから消費者の感情の変化を素早くつかむ仕組みを整え、販売促進などに生かす企業が増えている。タイミングを推し量り、消費者の購買意欲と満足度を高める先行事例を紹介する。

目次


出典:日経コンピュータ 2012年8月16日号 pp.68-73
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。