「遠隔操作ウイルス」のソースコードの一部(トレンドマイクロの情報から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 このところネットワークセキュリティ分野でホットな話題となっているのが「遠隔操作ウイルス」である。匿名掲示板「2ちゃんねる」などを通じて同ウイルスに感染したパソコンを持つネットユーザー数人が、掲示板上に犯行予告を書き込んだ容疑で警察に次々と誤認逮捕されるという、かつてない事態が発生し、社会問題に発展している。ウイルスを作成および配布した本当の犯人は、現在も捕まっていない。

 こうしたネット時代の新しいタイプの犯罪に対して、警察のずさんな捜査手法や被疑者の取り調べ方法、そしてあまりにもネットワークに関する知識が足りないことなどへ、各方面から猛烈な批判が浴びせられている。これは当然である。しかし、お粗末さを露呈した警察だけでなく、われわれ一般市民の側も、この手のウイルスによる“濡れ衣”被害に対して十分な備えを持っていないことも、まざまざと見せつけられた。

 最終的に自分が無実であることを証明できるとしても、誤認逮捕されて長期間拘束されたり取り調べを受けたりするのは避けたい。そのためには、「ウイルスやネットワークに関する必要最低限の知識」を日ごろから持っておき、また、万一疑われるような事態に陥っても、すぐに「無実を証明できる客観的なデータ」を示せるように、普段から準備を整えておく必要がある。もちろん、そもそもウイルスに感染しないように対策を施しておくべきなのは言うまでもない。

 そこで今回は、遠隔操作ウイルスに関する基本的な知識を学べる記事や、遠隔操作ウイルスからパソコンを守ったり、いざというときのために記録(ログ)を取ったりできるようにするためのツールに関する記事をまとめて紹介しよう。「自分の身は自分で守る」---いつの時代も変わらずこれが鉄則だ。

事件の概要や遠隔操作ウイルスの正体を知る

自作ウイルスの検出は困難――「遠隔操作ウイルス」が課題を浮き彫りに

「遠隔操作ウイルス」はありふれたウイルス――その正体を探る

犯罪予告の「遠隔操作ウイルス」、プログラムに日本語

変数名に「カキコ」、作者がゼロから作成――「遠隔操作ウイルス」

対策製品(無償ソフトを含む)を紹介する記事

キングソフト、「遠隔操作型への4重防御」機構を備えたWindows 8対応ウイルス対策ソフト新版

ソフトイーサ、遠隔操作ウイルスによる冤罪防止ソフトを無償配布開始

トレンドが「遠隔操作ウイルス」駆除ツール、感染の危険性は低い

ウイルス作者が使ったとされる匿名化技術などについて学ぶ

ウィキリークスを潰せない理由(前編)

ウィキリークスを潰せない理由(後編)

国内企業・組織の1割で通信隠蔽ソフト「Tor」を確認、パロアルトネットワークス調べ

匿名システム「Tor」によるボットの通信を確認---セキュリティ組織

データを安全にやりとりしたい

そのほかの関連記事

“標的型攻撃で人生終了”だってあり得る、ネットエージェントがその怖さを実演デモ

誰が攻撃しているか突き止めたい(お役立ちフリー・サービス大集合)