JVMでスクリプト言語を動かす流れがわかったと思います。理解を深めるために、単純なアプリケーションを一つ作成しましょう。指定した文字列が何行目に含まれているかを調べるリスト1のRubyプログラムを記述して、Javaから呼び出すプログラムを作成します(リスト5)。

リスト5●JavaにJRubyのプログラムを挿入した例。ただし、エスケープ処理が複雑で面倒
[画像のクリックで拡大表示]

 実装に当たって、基本的な構成はリスト2と変わりません。リスト2では、

String rubyCode = "puts 'Hello JRuby!'";

と記述していたrubyCodeオブジェクトに対して、Javaプログラムから読み取れるようにJRubyのプログラムを埋め込んだだけです。何とも単純な実装ですが、このプログラムをコンパイルして実行すれば、正しく動きます。

 ただし、プログラムを見てもわかるように、エスケープ処理が複雑になってしまいます。 JRubyで記述する部分が長くなってしまったらどうでしょう。いちいちエスケープ処理を施す手間が増えてしまい、スクリプト言語の良さである生産性が向上するとはいえません。

 そこで、Javaプログラムに埋め込むのではなく、外部にJRubyのプログラムを用意して、Javaプログラムから呼び出す方法を考えてみます。外部に用意するJRubyのプログラムをリスト6のように切り出します。これをlist1.rbという名前で保存しました。文字エンコーディングは、文字化けを防ぐためにUTF-8にしています。後は、リスト5をリスト7のように変更するだけです。

リスト6●切り出したJRubyのプログラム
[画像のクリックで拡大表示]
リスト7●JRubyのプログラムを外部から読み込み出力する方法に変更した
[画像のクリックで拡大表示]

 ポイントは、evalメソッドの引数です。これまでは引数にJRubyのプログラムそのものを入れていましたが、ファイルから読み込むように変更しています。これでJRubyのプログラムを置き換えるだけで、検索だけではなく文字列の置き換えなど、様々な実装が可能になりますね。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら