米ベライゾン・ワイヤレスと米AT&Tモビリティーはそれぞれ、マルチデバイス向けのデータシェアプランを開始した。いずれも最大10台の端末間で、データ利用上限を共有できる。一方で、音声通話とSMSは無制限に使える。米国の2大通信事業者は、料金体系を抜本的に刷新することで、ARPU増を狙う。


 スマートフォンやタブレット端末が急速に普及し、1人のユーザーが複数の端末を使い分けることは珍しくなくなった。音声通話やSMS(ショートメッセージサービス)の代わりに、SkypeやLINEといった無料のメッセージング/VoIPアプリを利用するユーザーも急増している。

 こうした状況の変化を受け、米ベライゾン・ワイヤレスは「Share Everything」、米AT&Tモビリティーは「Mobile Share」と呼ぶ料金プランをそれぞれ開始した。いずれも最大10台の端末間で、データ利用上限を共有できる「データシェアプラン」である。どちらにも音声通話とSMSの無制限利用が含まれている。

両者の料金体系はほぼ同じ

 先行したのは2012年6月28日にShare Everythingを開始したベライゾン・ワイヤレスである。料金体系は、利用する端末にかかる料金とデータ利用上限に応じてかかる料金から成る(表1)。端末にかかる料金は、スマートフォンは1台当たり月額40ドル、フィーチャーフォンは同30ドルなど種別ごとに異なる。データ利用上限に応じてかかる料金は、1Gバイトまでが月額50ドル、2Gバイトまでが同60ドル、以降は2Gバイトごとに最大20Gバイトまでの区分がある。従来は追加料金が必要だったテザリング機能も追加なしで使える。

表1●米ベライゾン・ワイヤレスの「Share Everything」
提供開始は2012年6月28日。
[画像のクリックで拡大表示]

 一方のAT&Tモビリティーは7月18日にMobile Shareを発表。8月23日に開始した。Share Everythingと比べたときの相違点は主に三つある。(1)データ利用上限の区分、(2)スマートフォンを必ず1台以上含める、(3)スマートフォン1台当たりの月額料金がデータ利用上限に応じて変わる---である(表2)。他はShare Everythingとほぼ同じ料金体系になっている。

表2●米AT&Tモビリティーの「Mobile Share」
提供開始は2012年8月23日。
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、両社の戦略の違いは別のところにある。ベライゾン・ワイヤレスは従来の定額制プランの新規受付を停止した。Share Everythingに巻き取る形だ。これに対し、 AT&Tモビリティーは従来プランも残している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら