「“WiMAX 2のようなもの”を導入していきたい」というKDDI田中孝司社長の思わせぶりなコメントで煙に巻かれていたUQコミュニケーションズの将来戦略。WiMAX ForumがTD-LTE互換モードを追加した「WiMAX Release 2.1」(WiMAX Advanced)を発表し(関連記事)、UQが導入を検討すると表明したことで(関連記事)、同社の目指す方向が明らかになった。

8月の緊急ボード招集から短期間で仕様策定

写真1●UQコミュニケーションズの野坂章雄社長
[画像のクリックで拡大表示]

 発表を受けてUQの野坂章雄社長(写真1)は記者のインタビューに答え、「現時点ではTD-LTEよりもWiMAXユーザーのほうが多いが、今後はTD-LTEのエコシステムが大きく広がる可能性がある。TD-LTEのデバイスを取り込むことでWiMAXを持続的に発展させようと、WiMAX Forumのメンバーの思いが一致した」と、WiMAX Release 2.1規格の策定の経緯を話す。

 WiMAX Release 2.1は、8月にWiMAX Forumにおいて緊急のボード会議が招集され、10月半ばに方針が固まったという。かなり短期間で仕様策定したようだ。

 データ通信端末がメインのUQとしては、WiMAX Release 2.1によるTD-LTE互換システムを導入することで「ユーザーの間口が広がる点に大きな期待をしている」(野坂社長)という。TD-LTE版のiPhoneの登場も噂されるなど、人気スマートフォンにTD-LTE機能が搭載される可能性も十分ある。さらにUQがWiMAX Release 2.1の導入を検討している2.5GHz帯は、LTE TDD Band 41として世界的に広がる可能性があり、人気端末がサポートする可能性が高くなっている。

 WiMAX Release 2.1のシステムを導入することでUQは、既存のWiMAX Release 1.0、その進化型であるWiMAX Releas 2.0(WiMAX 2)に対応した端末の収容はもちろんのこと、WiMAXに対応しないTD-LTE端末も収容できることになる。既存のWiMAXシステムを維持しつつ、うまくTD-LTEの端末エコシステムを活用しようという考えだ。

 ForumのメンバーでWiMAX Release 2.1規格に興味を持っている事業者は、UQのほか、マレーシアのYTLコーポレーション(YESというブランドでWiMAXサービスを展開)や韓国KTなどだという。ベンダーでは韓国サムスン電子、仏シーカンス・コミュニケーションズ、韓国GCTセミコンダクターなどが、WiMAX Forumのリリースにコメントを寄せている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら