いよいよWindows 8の一般販売が始まった。Windows 8はこれまでの販売形態と異なり、パッケージ版はアップグレード製品のみとなり、さらに価格の安いダウンロード版の購入も可能になるようだ。そうなると恒例の「秋葉原深夜のカウントダウン」がどれほど盛り上がるのか多少心配なところだ。発売前日には、日本マイクロソフト主催の前夜祭も企画されており、発売日前日は筆者も秋葉原へ様子を見に行っているはずだ。

 Windows 8が正式に発売されたことで、Windows 8試乗会も今回が最終回となる。内容は、Windows 8の新しいセキュリティ機能についてだ。Windows 8といえば、WindowsストアアプリやModern UIに注目が集まりがちだが、マルウエア対策やSmartScreenの採用、セキュアブートへの対応などセキュリティ関連の新機能をいくつも追加している。Windows 8試乗会、最終回はWindows 8の新しいセキュリティ機能を紹介する。

Microsoft Security Essentialsはインストールできない

 現在、ちまたには数多のマルウエア対策ソフトがあふれ、自分の環境にベストなセキュリティソフトを探すのは、案外骨の折れる作業になっている。だからといって素のWindowsをそのまま使うのは、あまりに危険だ。そこでマイクロソフトは、「Microsoft Security Essentials」という無料のマルウエア対策ソフトを配布している。筆者も純正ソフトという安心感から、テスト用PCにWindowsをインストールする際は、とりあえず真っ先にインストールするのがこのソフトだ(図1)。

図1●Microsoft Security Essentialsのサイト
マイクロソフトは、Windows XP/Vista/7で利用できるマルウエア対策ソフト「Microsoft Security Essentials」を無料配布している。マイクロソフトのサイトにアクセスして[ダウンロード]ボタンをクリックするだけで、各OS専用のインストーラをダウンロードしてインストールすることができる。
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが、このMicrosoft Security EssentialsをWindows 8にインストールしようとすると、「Microsoft Security Essentialsをインストールする必要はありません。」というインストールエラーになってしまう(図2)。

図2●Windows 8にMicrosoft Security Essentialsをインストールしようとするとインストールエラーになってしまう
これは、Windows 8にMicrosoft Security Essentialsと同等の機能が、すでに搭載され実行されているためだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、Windows 8に標準搭載されている「Windows Defender」が、Microsoft Security Essentialsと同等な機能を内包しているためだ。つまり、Windows 8はデフォルトでマルウエア対策ソフトを標準で実装していることになる。

 これまでサードパーティ製と同等に扱われていたマルウエア対策ソフトが標準で搭載になると、セキュリティソフトの開発メーカーとしてはあまりいい気持ちはしないかもしれない。だが、Windowsユーザーの中には主婦や高齢者といったセキュリティに疎い人も多い。そう考えると、何もしなくてもとりあえず最低限のセキュリティが確保されるという仕様は、評価に値するのではないだろうか。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら