写真1●NTTデータの「フルオープン仮想化基盤構築ソリューション」
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ITpro EXPO 2012のNTTブース内でのデモの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータが開発を進めている「フルオープン仮想化基盤構築ソリューション」は、日経BP社が主催する「ITpro EXPO AWARD 2012」において優秀賞を受賞した(写真1)。

 フルオープン仮想化基盤構築ソリューションは、オープンソースソフトウエア(OSS)のクラウド基盤構築用ソフト「OpenStack」とオープンネットワーク制御技術「OpenFlow」を連携させることで、「エコで障害や災害に強い仮想化基盤を実現する」(NTTデータ)ためのソリューションである(写真2)。

 OpenStackを使うことにより、個々のユーザーに対して仮想マシンの構築や運用を可能にするIaaS(Infrastructure as a Service)環境を提供できる。加えて、OpenStack側からOpenFlowベースの仮想ネットワークに対して「シナリオや状況変化に基づいて変更要求を渡せる仕組み」を用意することにより、仮想ネットワークも含めた“あらゆる要素を自動制御可能な仮想化環境”を構築できる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら