都道府県CIOフォーラム第10回年次総会の様子

 都道府県CIOフォーラムは、第10回年次総会を8月27日・28日の2日間にわたって、青森市内で開催した。今回のメインテーマは「マイナンバー制度」。初日は自治体業務への影響について、2日めはシステム対応を中心に、それぞれ議論を展開した。加えて、庁内だけでなく地域のCIOとしての役割と情報政策についても、活発な意見交換が行われた。
(構成:本間 康裕=プロジェクト推進部、写真:中野 淳)

■「都道府県CIOフォーラム 第10回 年次総会」プログラム
8月27日(月) 初日
時間 内容
13:40~14:00 Opening Networking(名刺交換会、展示コーナーご案内)
14:00~14:10 開催県挨拶 青森県副知事・CIO 佐々木 郁夫氏
14:10~14:40 会長挨拶、議事
都道府県CIOフォーラム会長(青森県 情報システム課 IT専門監) 宮 典男氏
14:40~15:40 基調講演
「企業コードにおける基本構想(案)の概要」
東京工科大学 コンピュータサイエンス学部 教授 手塚 悟氏
15:40~15:55 協賛社講演
「NEC 自治体クラウドサービスのご紹介」
NEC
15:55~16:10 協賛社講演
「自治体様における仮想化最新動向と弊社の取り組みについて」
ヴイエムウェア
16:10~16:30 (休憩、展示コーナーご案内)
16:30~18:20 ディスカッション1-A
「マイナンバー制度による自治体業務へのインパクトと体制整備」
【報告】「自治体業務への影響を中心とした制度概要と最新状況」  
内閣官房 社会保障改革担当室 参事官 中村 裕一郎氏
「地方税の業務・システムへの影響 調査研究報告」    
総務省 自治税務局市町村税課 住民税企画専門官 西水 徹氏
「庁内および市町村共同化システムにおける対応」     
京都府 政策企画部 情報技術専門監 原田 智氏
18:30~19:30 Reception(情報交換会)
8月28日(火) 2日目
9:00~9:15 Opening Networking(展示コーナーご案内)
9:15~9:25 初日の総括
都道府県CIOフォーラム会長(青森県 情報システム課 IT専門監) 宮 典男氏
9:25~9:40 協賛社講演
「ITインシデント発生を前提としたセキュリティ体制について」
トレンドマイクロ
9:40~10:00 (休憩、展示コーナーご案内)
10:00~11:25 ディスカッション1-B
「マイナンバーへの都道府県・市町村のシステム対応」
【報告】「システム影響の調査研究のポイント」       
内閣官房 社会保障改革担当室 参事官 中村 裕一郎氏
「ふくおか自治体クラウド(仮称)のご紹介」    
福岡県 情報政策アドバイザー 佐藤 淳氏
11:25~11:50 情報処理学会説明
「高度IT資格制度 情報処理学会モデル 高度な能力を持つ情報系人材の可視化を目指して」
佐賀大学 工学系研究科 准教授 掛下 哲郎氏
12:00~12:50 Lunch(情報交換会)
13:00~15:00 ディスカッション2
「地域CIOとしての役割と都道府県の情報政策」
【特別講演】「地域CIO の役割と課題」                   
早稲田大学 電子政府・自治体研究所 所長、国際CIO学会 世界会長 小尾 敏夫氏
【報告】「BIG DATAを活用した産業連関表の精度向上の取り組み」      
鳥取県 企画部情報政策課長 森本 浩之氏
15:10~15:20 総括&閉会の挨拶
都道府県CIOフォーラム会長(青森県 情報システム課 IT専門監) 宮 典男氏
* 発言者の肩書きは会合開催時のものです。
後援:総務省、全国知事会、地方自治情報センター(LASDEC)、全国地域情報化推進協会(APPLIC)
協賛:NEC、トレンドマイクロ、ヴイエムウェア、日立製作所、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、ブルーコートシステムズ、富士通、NTT西日本

都道府県CIOフォーラムとは
都道府県および関係団体のCIO(最高情報責任者)または情報化推進責任者で構成する任意団体。相互の情報共有や民間IT企業も含めた意見交換を通じて、 IT 施策の推進に寄与することを目的に2003年8月26日に設立された。「日経BPガバメントテクノロジー」が事務局を務めている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら