2012年10月26日にいよいよ正式発売となる「Windows 8」。2009年10月のWindows 7発売から3年振りとなる新バージョンの登場に合わせて、多種多様なWindows 8対応PCの発売も期待されている。

 これらの最新モデルは単にWindows 8をプリインストールしたPCだけでなく、取り外しできるセパレート型や変形できるコンバーチブル型といった、これまでにないフォームファクタのPCが急激に増加しつつある。

 今回はWindows 8時代の最新PCについて、COMPUTEX TAIPEI 2012やIFA 2012の現地取材で得られた情報をもとに予測してみたい。

Windows 8で急進的に「タッチ対応」する理由

写真1●Modern UIによるWindows 8のスタート画面
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 8がこれまでのWindowsの新バージョンと大きく異なるのは、タッチ操作という新しい入力方法を積極的に採り入れている点だ(写真1)。

 確かに従来のWindows 7でも、タッチ操作に対応したPCは存在した。しかしWindows 7のデスクトップ画面はマウスやキーボードによる操作を主眼に置いてデザインされており、タッチ操作で使いやすいとはいえなかった。たとえばメニュー項目をタッチで選択しようとすると、指の大きさよりメニューが小さいため、誤選択をしてしまうという場面があった。

 これに対してWindows 8では、タイルが並ぶスタート画面や、全画面表示の没入型アプリが印象的な「Modern UI」というユーザーインタフェースが追加された。Modern UIはキーボードやマウスといった従来の入力方式に対応しつつも、タッチ操作を強く意識してデザインされている。実際にModern UIに手で触れてみると、驚くほど直感的に操作できるはずだ。

 Windows 8は、従来通りのデスクトップ画面も搭載する。しかしWindows 8のタスクバーからスタートボタンは削除され、Modern UIのスタート画面がスタートメニューの役割を代替している。Windows 95以降、あらゆる操作の起点となっていたスタートボタンが無くなったことは、Windowsの歴史上重要な変更といってよいだろう。

 Windows 8がここまで急進的にタッチ操作への最適化を進めた背景には、スマートフォンやタブレットの台頭がある。かつてMS-DOSからWindowsへの移行時には、多くのユーザーがマウスを手に取り、ダブルクリックやドラッグといった操作体系を学習した。

 同様に、今日では多くのユーザーがスマートフォンやタブレットで、タップ&ホールド(長押し)やスワイプといったタッチ操作を体験している。だが、そこで使われているOSは、WindowsではなくiOSやAndroidが大半を占めているのが現実だ。

 もしWindows 8によってタッチ対応への「遅れ」を取り戻すことができれば、スマートフォンやタブレットの分野におけるWindowsの存在感を高めることにつながるだろう。同時にそれはPCにも相乗効果をもたらし、PCの活用方法にも大きな変化が起きるはずだ。

 それでは、具体的にPCがどのように変わっていくのかを見ていきたい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら