画面26●「リモートデスクトップサービス」は、柔軟なクライアント環境の構築を可能にする
[画像のクリックで拡大表示]

 「リモートデスクトップサービス(RDS)」は、Windows Server 2012のデスクトップ環境をクライアントに提供したり、Windows Server 2012上で実行する仮想マシンをクライアントに割り当てたりするサービスだ(画面26)。

 RDSには6つの役割サービスと1つのクライアントアプリケーションがあるが、ここでは「リモートデスクトップ」を「RD」と省略して、役割サービスの名前を短縮表記する。

 最初にVDI(Virtual Desktop Infrastructure:仮想デスクトップ環境)と通常のRDSの違いを簡単に説明しておこう。VDIはユーザーに特定のコンピューターを割り当てる方式で、そのコンピューターを停止しても他のユーザーには影響を与えない。通常のPCから利用する場合は、ユーザーに2台のPCを与えたようなものだ。管理者権限があれば、リモートのコンピューターにアプリケーションや周辺機器をインストールすることもできるし、システム構成を変えることもできる。

 一方、RDSは1台のRDセッションホストを全ユーザーで共用するので、RDセッションホストを停止してしまうと、ユーザー全員がリモートデスクトップを利用できなくなる。それでも、システム管理者が代表してアプリケーションや周機器をインストールすることで、すぐに全ユーザーが利用できるようになるので、集中管理がしやすいというメリットが大きい。

 VDIでもRDSでも、利用するデバイスとデスクトップ環境のあるコンピューターが分離されているので、例えば社内の自席にいるときは自分のデスクトップPCから利用するが、社内の別室や外出先、出張先ではノートPCから、リモートコンピューターに接続して、いつでも使い慣れたアプリケーションとデータを利用できるのが特長だ。

 Windows Server 2012におけるRDSおよびVDIの概要と新機能、強化点は表14のとおり。

表14●RDSおよびVDIの概要と新機能、強化点
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら