ボランティアによる地図作成プロジェクトOpenStreetMapの国際会議「State of the Map(SotM) 2012 Tokyo」が2012年9月6日から8日までの3日間、東京大学駒場キャンパスで開催された。日本で開催される初のSotM。創始者Steve Coast氏をはじめとして、28カ国から参加者が集まった。

写真●State of the Map 2012 Tokyo
[画像のクリックで拡大表示]

東日本大震災時の情報提供で活躍

 OpenStreetMapは、ボランティアによって作成、運営されている地図で、誰でも自由に理由、編集できる。“地図のWikipedia”とも呼ばれる。AppleのiPhotoに採用されたり、Yahoo! JapanのYahoo!ロコでOpenStreetMapの地図を選択できるようになったりするなど、世界や日本で広まりつつある。

写真●オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン代表理事 三浦広志氏
[画像のクリックで拡大表示]

 カンファレンスの冒頭、オープンストリートマップ・ファウンデーション・ジャパン代表理事の三浦広志氏が、日本におけるOpenStreetMapコミュニティの活動を振り返った。日本のOpenStreetMapコミュニティは2008年から活動を開始。2011年、東日本大震災の直後にはOpenStreetMapコミュニティが中心となり震災情報サイト「sinsai.info」をその日のうちに開設。数百人のボランティアが避難者のための情報を収集しOpenStreetMapの地図上に整理していった(関連記事:震災に立ち上がったボランティア技術者たち - 地震後4時間足らずでオープンした「sinsai.info」)。

 会場には、2007年から2011年まで、日本で地図上に道がプロットされていく様子が映し出された。

OpenStreetMap, 5 years of edits - Japan from ItoWorld on Vimeo.

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら