サービス開始から1年強で5500万登録を突破したLINE。その勢いの背景には何があるのか。LINEを生み出したNHN Japanを率いる森川 亮代表取締役社長は、スマートフォンに特化したサービスとして開始したことをまずはその理由として挙げる。森川社長にLINEが生まれた背景やその考え方、開発体制、これからの展開を聞いた。

(聞き手は、高橋 信頼、大谷 晃司=ITpro

5500万超のユーザーを短期間で獲得できた理由は。

NHN Japan 森川亮 代表取締役社長

 いくつかあるが、まずはスマートフォンに特化したことだと思う。最初に登録する際、他社の同種のサービスだとユーザーIDを取得することから始めるが、LINEは電話番号をベースにすぐに登録できる。それができたからこそ電話帳との連携も可能になり、登録数がさらに伸びた。コミュニケーションに特化してユーザーインタフェースなどをシンプルにしたことも理由として挙げられるだろう。

 これまでPCの分野では「CURURU(クルル)」というSNSを提供したり(2010年3月に終了)、Twitterのような「pick」を展開したり、グループで遊べるmixiのコミュニティのような「cafe」というサービスをやったりしながら、コミュニケーションのスタイルをどうするかという勉強をしてきた。これらのノウハウをスマートフォンに集中したのがLINEだと思ってもらえばいい。

 日本では既に携帯電話のサービスの文化があったことも大きい。PCでも携帯でも過去に流行したものがあり、その理由が何なのかをひも解き、それがスマートフォンに来たらどうなるのかをベンチマークし、研究し、具現化した。携帯電話のサービスについての経験を最も蓄積しているのは日本だ。そこが生かせた。

テレビコマーシャル(CM)で一気に広まった印象がある。

 テレビCMの効果は確かにあったが、実際には2011年6月にサービスの提供を開始してから急激に伸びた。元々こうしたアプリはバイラル(口コミ)で伸びていくもので、テレビCMはそれを加速したという認識だ。

日本だけでなく、海外でユーザーが増えている。当初からグローバル展開を視野に入れていたのか。

 開発者のなかには外国人もいる。「英語版を出した方がいいんじゃないか」ということで出したら、それがたまたま火が着いた。当初はプロモーションも特にしていなかった。

 韓国では同種のサービスとしてカカオトークが人気がある。それに対抗して本社が「NAVER Talk」というサービスを出したが、カカオトークを超えるまでにはならなかった。日本でNAVER Talkを提供しないかという話は本社からはあったが、そうではなく日本独自で日本向けに作ろうということでLINEが生まれた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら