前回は、LINEの中核となる機能について説明したが、その内容を見ても分かる通り、チャットやIP電話など、パソコンのインスタントメッセンジャーが備えていた機能に近い。それらをスマートフォン向けに最適化し、より分かりやすく、使いやすくしているのが、LINEの特徴といえるだろう。

 とはいえスマートフォン向けに、LINEと同様の機能を提供するサービスは、他にも多数存在する。ライバルが数多く存在する中で、後発のLINEが国内外で5500万ものユーザー登録を獲得するなど、多大な人気を獲得した要因は、どこにあるのだろうか。以下で見ていこう。

チャット・無料通話アプリは競合が多い

 スマートフォンのマーケット上には、LINEと同じように、リアルタイムのチャットができるインスタントメッセンジャーや、IP電話による無料通話を実現するアプリは数多く存在する。しかもその多くは、LINEの登場以前から提供されていたものだ。

写真1●米Microsoftの「Skype」
チャットや無料通話などの機能を備えたサービスとしては、「Skype」をはじめ多くのサービスが既に存在する。
[画像のクリックで拡大表示]

 代表的な例を挙げれば、米Microsoftの「Skype」が挙げられるだろう(写真1)。Skypeはインターネットを経由した無料のIP電話として世界中で人気を博しており、テキストによるメッセンジャー機能も備えていることから、スタンプがない以外はLINEに似た機能が備わっている。

 スマートフォンが主体のサービスであれば、Skype同様無料通話とテキストによるチャットができる「Viber」も、LINEに近い機能を備え米国を中心に人気となっている。韓国で広く普及しているメッセンジャーサービス「カカオトーク」も、LINEよりも先に登場し、日本語版も既に提供されている。特にカカオトークは、チャット主体のサービスである点や、仕組みとしてLINEと共通した要素が多いことから、直接の競合といえるだろう。

 さらに言うなら、iPhoneにはテレビ電話ができる「Facetime」が搭載されているし、Androidにもチャットができる「Googleトーク」や、「Google+」でテレビ電話ができる機能などがあらかじめ用意されている。他にも有名・無名のツールを合わせて、スマートフォンにおける同種のツールは非常に多い。

 こうした強力なツールが存在しているにもかかわらず、2011年6月の提供開始からわずか1年たらずでLINEが急成長できたのには、どのような要因が挙げられるだろうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら