スウェーデンにあるソニーモバイルコミュニケーションズの開発拠点(写真1)を徹底取材した。同社のユーザー体験/ユーザーインタフェースの専門家らへの取材を通じて、スマートフォン「Xperia」の開発アプローチに迫った。第1回は、同社エクスペリエンス・プランナーである石田氏に聞く、「自然な対話」「アジャイル開発」「北欧流デザイン」などである。


写真1●スウェーデンの学園都市ルンドにある、ソニーモバイルコミュニケーションズの開発拠点
[画像のクリックで拡大表示]

 石田氏は、最近よく使われる「ユーザー・エクスペリエンス」(ユーザー体験)の企画者である。その石田氏が興味を持っている技術の一つが、ナチュラル・インプット(自然対話)だという。マウスやキーボードを使わず、しかも画面に集中することなく、自然な対話や動き、表情、視線、心拍数などでスマートフォンやコンピュータに入力できないかという議論を、社内で繰り返しているというのだ。この分野は、かつてソニーが開発したロボット「AIBO」に実装されていたが、「まだまだ深堀りされていない分野」(石田氏)という。

 石田氏によると、そもそも人同士のコミュニケーションの要素は、

  • 見た目
  • 会話
  • ジェスチャー
  • 空間

に分解できる。これらの要素の多寡によって、コミュニケーションの幅が変わってくるというだ。「こうしたいろいろな要素があって、初めて自然な会話が成り立つ」(石田氏)。

 スマートフォンの開発者としては、こうした要素をプラットフォームとして定義し、サードパーティに開放することを考えているという。何らかのAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)を用意することにより、サードパーティによるクリエイティブで自然なコミュニケーションサービスの開発を期待しているのだ。

 前述の要素のうち、現在のスマートフォンではジェスチャー以外の要素はほぼ満足のいくレベルで実現できているとみている。ジェスチャーについても、内蔵カメラの性能が上がり、「笑顔度」を読み取る機能も実現されているため、一定の水準に達していると認識しているようだ。

 石田氏は、先に挙げた複数の要素を読み取って、スマートフォンのアプリから「疲れているの?」「怒ってる?」などと話しかけてくれるサービスも実現できると考えている。ユーザーからすれば、「このサービスは、私のことを分かってくれている!」と思えるようなサービスが実現されるのだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら